ウィルソンは、レッドレイダーオールビッグ12の受賞者のグループをリードしています


テキサス州アーヴィング – テキサス テック シニア ディフェンシブ ラインマン タイリー・ウィルソン ファーストチームオールビッグ12セレクションとシニアディフェンシブバックに指名されました マリク・ダンラップ 水曜日に発表されたリーグのAll-Big 12 Footballアワードの一部として、セカンドチームオールカンファレンスピック. 選出は、リーグの 10 人のヘッドコーチによって行われますが、自分の選手に投票することは許可されていません。

レッド レイダースの今シーズンの佳作プールは、フィールドでの努力に対してリーグのヘッド コーチから 15 人の追加の選手がうなずかれたことから、深いものでした。 佳作として認められた個人については、それぞれの投票用紙に名前が記載されている場所で、少なくとも 1 票を獲得することで表彰されました。

4 人のレッド レイダーズがビッグ 12 プレーヤー オブ ザ イヤー賞を受賞しました。 最初のチームの栄誉に加えて、ウィルソンは年間最優秀守備選手と年間最優秀守備選手の両方に少なくとも 1 票を獲得しました。 トレイ・ウルフ 守備ラインマンとして特別チーム年間最優秀選手にノミネートされた ジョセフ・アディダイア ディフェンシブ・フレッシュマン・オブ・ザ・イヤーとクォーターバックの佳作を獲得した ベーレン・モートン オフェンシブ・フレッシュマン・オブ・ザ・イヤーのために。


それぞれの立場について、 ジェランド・ブラッドリー (WR)、 トニー・ブラッドフォード・ジュニア (DL)、 ジェイロン・ハッチングス (DL)、 オースティン・マクナマラ (P)、 クリション・メリウェザー (ポンド)、 ランドン・ピーターソン (OL)、 マイルズ・プライス (WR)、 サロドリック・トンプソンJr. (RB)、 ヘンリー・ティーター (FB)、 マーキス・ウォーターズ (DB)、 デニス・ウィルバーン (OL)、 レイシャッド・ウィリアムズ (DB) と Wolff (K) はそれぞれ All-Big 12 佳作に選ばれました。

 


ファーストチーム オールビッグ 12: タイリー・ウィルソン — ディフェンシブライン — シニア

  • 2.5試合を欠場したにもかかわらず、ウィルソンはタックルフォーロス(14.0)でビッグ12をリードしてレギュラーシーズンを終えました。 そのマークは、FBS で 21 番目に多くのタックルで負けました。
  • ウィルソンは、FBS でゲームあたり 12 番目に優れた 1.40 の TFL を所有しており、これはビッグ 12 でトップでした。
  • ウィルソンはビッグ 12 で 2 位タイの最多サック (7.0) を記録しました。 彼の 0.70 サック/ゲーム率はビッグ 12 をリードし、全国で 29 位タイにランクされました。
  • 彼の 50 のプレッシャーは、FBS で 14 番目に多く、ビッグ 12 (PFF統計)。
  • 彼の 32 回のラッシュは、FBS で 16 番目に多く、ビッグ 12 をリードしました (PFF統計)。

(以下は、最後の試合後の 11 月 13 日現在の統計です。第 11 週のコンテストの早い段階で、2 タックル、0.0 TFL で負傷により退場しました)

  • ウィルソンは 50 のプレッシャーでパワー 5 をリードし、FBS で 2 位にランクされました (PFF統計)。
  • 彼はタックルフォーロス(14.0)でパワーファイブで3位タイ、FBSで9位タイにランクされました。
  • 彼は、11 月 13 日の AP トップ 25 投票でランク付けされた対戦相手に対して、8.5 タックルで負けて FBS をリードしました。 彼はまた、トゥルー ロード ゲームで 9.0 TFL でパワー ファイブをリードし、FBS のカテゴリーで 4 位にランクされました。
  • ウィルソンは、パスダウンでダブルチームに直面することが多かったにもかかわらず、合計サック数(7.0)でFBSで25位タイにランクされました。 彼は、11 月 13 日の AP 投票で上位 25 位にランクされた対戦相手に対して 5.0 サックで FBS をリードしました。
  • ウィルソンは単なるパスラッシャーではなく、今シーズン 10 試合で 61 タックルを記録し、チームで 3 位につけており、これは彼のキャリアの中で最多でした。 ウィルソンは現在、11月12日に行われたゲームで60回のタックル、少なくとも10.0 TFL、少なくとも6.0サックを記録した、FBSでわずか2人のパワー5プレーヤーの1人であり、7人のプレーヤーの1人でした。

セカンドチームオールビッグ12: マリク・ダンラップ — ディフェンシブ バック — シニア

  • ダンラップは彼のサイズを利用して、国内でトップのパスディフェンダーの 1 人であり、ビッグ 12 で最高位にランクされ、FBS で今シーズン 11 のパスブレイクアップで 21 位タイになりました。
  • 彼は、ゲームあたりのパス防御でビッグ 12 をリードしました。これは、11 のコンテストで 1.09/ゲームです。
  • ダンラップは、10 月 22 日のウェスト バージニア戦でキャリア初のインターセプトを記録しました。
  • 彼はローリーに戻った 9 月 17 日にノースカロライナ州立大学で 11 回のパス ブレークアップのうち 4 回を記録しました。 元ウルフパックのプレーヤーは、チームハイに対して7回投げられ、NCステートを159ヤードのパスに制限したチームの努力で、4ヤードで1回のレセプションを許可しました。

2022 ALL-BIG 12 FOOTBALL ファーストチーム

オフェンス

QB マックス・ダガン、シニア、TCU #
RB ケンドレ・ミラー・ジュニア、TCU
RB: Bijan Robinson, Jr.、テキサス #
FB: Ben Sinnott, So., Kansas State
WR: ザビエル・ハッチンソン、シニア、アイオワ州
WR: マービン・ミムズ・ジュニア、オクラホマ州
WR: クエンティン・ジョンストン・ジュニア、TCU #
TE: Ja’Tavion Sanders, So., Texas
OL: Cooper Beebe, Jr.、カンザス州
OL: オクラホマ州アントン・ハリソン・ジュニア
OL: アラン アリ、シニア、TCU
OL: スティーブ・アビラ、シニア、TCU
OL: Zach Frazier, So., ウェストバージニア州
PK: グリフィン・ケル、シニア、TCU
KR/PR: Darius Davis, Sr., TCU

防衛
DL: 私はイカ、ジュニア、ベイラーです
DL: Will McDonald IV, Sr.、アイオワ州
DL: Felix Anudike-Uzomah, Jr.、カンザス州 #2。

DL: タイリー・ウィルソンシニア、テキサス工科大学
DL: ダンテ スティルス、シニア、ウェスト バージニア州
LB: ディー ウィンターズ、シニア、TCU
LB: テキサス州ジェイラン・フォード・ジュニア
LB: DeMarvion Overshown、シニア、テキサス州
DB: ジャコビー・ブライアント、そう、カンザス州
DB: Julius Brents, Sr.、カンザス州
DB: ジェイソン テイラー II、シニア、オクラホマ州
DB: Tre’Vius Hodges-Tomlinson, Sr., TCU
DB: ジョシュ・ニュートン、シニア、TCU
Q: マイケル・ターク、シニア、オクラホマ州

# – 全会一致の選択を示します



2022 ALL-BIG 12 FOOTBALL セカンドチーム



オフェンス
QB:ジャロン・ダニエルズ・ジュニア(カンザス)
RB: デュース・ヴォーン・ジュニア、カンザス州
RB: エリック グレイ、シニア、オクラホマ州
FB: ディロン・ドイル、シニア、ベイラー
FB: Jared Rus, Sr.、アイオワ州
WR: マリク・ノウルズ、シニア、カンザス州
WR: ザビエル・ワーシー、そう、テキサス州
WR: ブライス・フォード=ウィートン・ジュニア、ウェストバージニア州
TE: カンザス州メイソン フェアチャイルド
TE: Brayden Willis, Sr.、オクラホマ州
OL: ジェイコブ・ガル、シニア、ベイラー
OL: コナー ガルビン、シニア、ベイラー
OL: Trevor Downing, Sr.、アイオワ州
OL: Mike Novitsky, Jr.、カンザス州
OL: Kelvin Banks Jr., Fr., Texas
PK: タナー ブラウン、シニア、オクラホマ州
KR/PR: Phillip Brooks, Sr. Kansas State



防衛
DL: ロニー・フェルプス・ジュニア、カンザス州
DL: イーサン・ダウンズ、そう、オクラホマ州
DL: オクラホマ州ブロック マーティン シニア
DL: コリン・オリバー、そう、オクラホマ州
DL: Keondre Coburn、シニア、テキサス州
LB: ディロン・ドイル、シニア、ベイラー
LB: オクラホマ州のメイソン・コブ・ジュニア
LB: ジョニー・ホッジス・ジュニア、TCU
DB: アンソニー・ジョンソン・ジュニア、シニア、アイオワ州
DB: TJ タンパ、ジュニア、アイオワ州
DB: コービー・サベージ・ジュニア、カンザス州
DB: ケンダル・ダニエルズ神父、オクラホマ州

DB: マリク・ダンラップシニア、テキサス工科大学
P: Ty Zentner, Sr.、カンザス州



2022 佳作
ベイラー (17):
モナレイ・ボールドウィン (WR)、ジェイコブ・ガル (OLoY)、ゲイブ・ホール (DL)、ギャビン・ホームズ (KR/PR)、シアキ・イカ (DLoY)、マット・ジョーンズ (LB)、デヴィン・レミア (DB、DFoY)、ジョン・メイヤーズ (PK) )、マイカ・マズクア(OL)、グラント・ミラー(OL)、マーク・ミルトン(DB)、アイザック・パワー(P)、ハル・プレスリー(WR)、リチャード・リース(RB)、ブレイク・シェイペン(QB)、ベン・シムズ(TE)、アル・ウォルコット (DB)

アイオワ州 (9): MJ アンダーソン (DL)、ジェレマイア クーパー (DFoY)、ハンター デッカーズ (QB)、トレバー ダウニング (OLoY)、ボー フレイラー (DB)、ウィル マクドナルド IV (DPoY、DLoY)、マイルズ パーチェス (DB)、コルビー リーダー (LB、 DNoY)、オリエン・バンス (LB)

カンザス (5): アール・ボスティック・ジュニア(OL)、ケニー・ローガン・ジュニア(DB)、デビン・ニール(RB、OPoY)、ロニー・フェルプス(DNoY、DLoY)、ドミニク・プニ(OL、ONoY)

K ステート (11): Ekow Boye-Doe (DB)、Phillip Brooks (STPoY)、DJ Giddens (OFoY)、Hayden Gillum (OL)、Daniel Green (LB)、Eli Huggins (DL)、KT Leveston (OL)、Adrian Martinez (QB、ONoY) )、オースティン・ムーア(LB)、コービー・サベージ(DNoY)、デュース・ヴォーン(OPoY)

オクラホマ (12): ビリー・ボウマン (DB)、ジャスティン・ブロイルズ (DB)、CJ コルドン (DNoY)、ディロン・ガブリエル (QB)、アントン・ハリソン (OLoY)、マービン・ミムズ (KR/PR)、クリス・マレー (OL)、アンドリュー・レイム (OL)、ダニー・スタッツマン (LB)、マイケル・ターク (STPoY)、デビッド・ウグウォグブ (LB)、ダショーン・ホワイト (LB)

オクラホマ州 (10): タナー・ブラウン (STPoY)、タイラー・レイシー (DL)、ジャバー・ムハンマド (DB)、ジェイデン・ニクソン (KR/PR、OFoY)、ブレナン・プレスリー (WR)、スペンサー・サンダース (QB)、ジェイク・シュルツ (FB)、ジェイク・スプリングフィールド (OL) )、ジェイソン テイラー II (DPoY)、ハンター ウッダード (OL)

TCU (14): アラン・アリ (ONoY)、スティーブ・アビラ (OLoY)、テイ・バーバー (WR)、ミラード・ブラッドフォード (DB)、バド・クラーク (DB)、アンドリュー・コーカー (OL)、ブランドン・コールマン (OL)、デリウス・デイビス (WR)、トレ’ビウス ホッジス トムリンソン (DPoY)、ディラン ホートン (DL)、ジャモイ ホッジ (LB)、ジョーディ サンディ (P)、ジャレッド ワイリー (TE)、ダモニック ウィリアムズ (DFoY)

テキサス (17): バート・オーバーン (PK)、ケルビン・バンクス・ジュニア (OFoY、OLoY)、ジャデー・バロン (DB)、ケオンドレ・コバーン (DLoY)、アンソニー・クック (DB)、クイン・エワーズ (ONoY)、ジェイラン・フォード (DPoY)、ロション・ジョンソン (RB) )、Christian Jones (OL)、Moro Ojomo (DL)、Bijan Robinson (OPoY)、Keilan Robinson (KR/PR、STPoY)、Barryn Sorrell (DL)、Jerrin Thompson (DB)、T’Vondre Sweat (DL)、 Ryan Watts (DB、DNoY)、Jordan Whittington (WR)

テキサステック (16): ジョセフ・アディダイア (DFoY)、 ジェランド・ブラッドリー (WR)、 トニー・ブラッドフォード・ジュニア (DL)、 ジェイロン・ハッチングス (DL)、 オースティン・マクナマラ (P)、 クリション・メリウェザー (ポンド)、 ベーレン・モートン (オフォイ) ランドン・ピーターソン (OL)、 マイルズ・プライス (WR)、 サロドリック・トンプソンJr. (RB)、 ヘンリー・ティーター (FB)、 マーキス・ウォーターズ (DB)、 デニス・ウィルバーン (OL)、 レイシャッド・ウィリアムズ (DB)、 タイリー・ウィルソン (DPoY、DLoY)、 トレイ・ウルフ (PK、STPoY)

ウェストバージニア (8): Jasir Cox (DB)、CJ Donaldson (ONoY、OFoY)、Zach Frazier (OLoY)、Sam James (WR)、Jordan Jefferson (DL)、Lee Kpogba (LB、DNoY)、Wyatt Milum (OL)、Dante Stills (DLoY) )

 


個人賞

年間最優秀攻撃選手

マックス・ダガン、TCU、QB、シニア

年間最優秀守備選手
Felix Anudike-Uzomah、カンザス州、ドイツ、ジュニア。

オフェンシブ・ニューカマー・オブ・ザ・イヤー
ディロン・ガブリエル、オクラホマ州、QB。

ディフェンシブ・ニューカマー・オブ・ザ・イヤー
ジョニー・ホッジス、TCU、LB、Jr.

オフェンシブ・フレッシュマン・オブ・ザ・イヤー
リチャード・リース、ベイラー、RB

ディフェンシブ・フレッシュマン・オブ・ザ・イヤー
Kendal Daniels、オクラホマ州、S

特別チーム年間最優秀選手
Darius Davis、TCU、PR/KR、シニア

オフェンシブ ラインマン オブ ザ イヤー
クーパー・ビーブ、カンザス州、ジュニア

コディフェンシブ ラインマン オブ ザ イヤー
Felix Anudike-Uzomah、カンザス州立ジュニア。

チャック・ネイナス 年間最優秀コーチ
ソニー・ダイクス、TCU #

# – 全会一致の選択を示します



Source link