シリーズ スナップショット: バージニア工科大学対オールド ドミニオン




ホーキーズとモナークスが金曜日に4度目の対決





フットボール
2022 年 8 月 31 日 16:21:00

バージニア工科大学とオールド ドミニオンは、バージニア州ノーフォークの ESPNU で金曜日の夜 7 時 ET に 2022 年のキャンペーンを開始します。ホーキーズがシリーズを 2 対 1 でリードしているサッカー場で彼らが会うのは 4 回目です。

およそ 300 マイル離れた 2 つの学校は、2017 年にブラックスバーグでシリーズを開始し、ホーキーズにとって説得力のある 38 対 0 の勝利を収めました。 対戦は今後も続き、モナークは 2023 年にテックのシーズン開幕戦のためにレーン スタジアムに戻り、その後 8 回プレーします。 2024-31 から. 2 つの歴史の詳細については、Tech の以下をお読みください。 シリーズのスナップショットAAAから提供されました。

最近の対戦



2019 年 9 月 7 日 – バージニア テック 31、オールド ドミニオン 17 (バージニア州ブラックスバーグ)
Techのホームオープナーであった最新の対戦では、ホーキーズはシーズンを開始するためにボストンカレッジで35-28の厳しい敗北を喫していましたが、シリーズオープニングのタッチダウンドライブのおかげで、モナークスに対して早い段階で溝を見つけました。 テックはハーフタイムで17-3になり、クォーターバックのライアンウィリスが272ヤードと2回のタッチダウンを投げ、34ヤードと地面へのタッチダウンを追加して、31-17で勝ち続けました。 間違いなく、このゲームのトップ プレーは、ウィリスがレシーバーのヒゼキヤ グリムズリーと接続して、 第2クォーターの片手タッチダウンキャッチ。

 

レシーバーのヒゼキア・グリムズリーがオールド・ドミニオンのジェロンダ・ホールで片手キャッチを行い、9ヤードのタッチダウンを記録。

ラインベーカーのレイシャード アシュビーとディフェンシブ ラインマンのジャロッド ヒューイットが、ODU クォーターバックのストーン スマートにタックルします。

レシーバーのヒゼキア・グリムズリーとタイトエンドのダルトン・キーンが一緒にタッチダウンを祝う。

最初の対戦

2017 年 9 月 23 日 – バージニア テック 38、オールド ドミニオン 0 (バージニア州ブラックスバーグ)
2 つのプログラムの史上初の対戦で、テックは 38 対 0 の完封で独力で勝利し、元ディフェンシブ コーディネーターのバド フォスターの 33 をマークしました。rd キャリアシャットアウト。 ホーキーズは ODU にオフェンスの余地を与えず、モナークスは 14 回中 2 回のサードダウン チャンスをコンバートすることを余儀なくされ、オフェンスの合計は 150 ヤード未満でした。 ホーキーズの攻撃側では、スティーブン・ピープルズのランニングバックが合わせて135ヤードと3回のタッチダウンを記録しました。 前半の最後の6分間にピープルズからのレシーブとランニングのタッチダウンにより、テックは17-0のリードでロッカールームに入ることができました。 センターの下では、クォーターバックのジョシュ・ジャクソンが空中で298ヤードを占め、3回のタッチダウンを行った.

 

ランニングのスティーブン・ピープルズとタイトエンドのクリス・カニンガムがタッチダウンを祝う。

ラインバッカーの Tremaine Edmunds は、スナップ前にフィールドをスキャンします。

キッカーのジョーイ・スライが 31 ヤードのフィールド ゴールを決めた。

オフェンシブ ラインマンのワイアット テラーがオールド ドミニオンのジュワン ロスをブロック。





Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.