テクノロジーの売りが日本株を2週間で最悪の日に引きずり込む


サム・バイフォード

10月11日(ロイター) – 火曜日の日本の株式は、2週間以上で最悪の日を記録した通常の観光。

日経平均株価は、3 連休から取引に戻った後、2.64% 下落しました。 27,000 レベルを大幅に下回る値で取引を開始し、26,401.25 で取引を終了しました。

総合的な TOPIX 指数は 1.86% 下落し、9 月 26 日以来の最悪の日となった。

指数の損失のほとんどは午前のセッションで発生し、円の不安定な午後の取引はほとんど影響を与えませんでした。

日本の通貨は、ある時点で米ドルに対して 145.86 まで下落しました。これは、9 月 22 日に 145.90 を記録した日以来の最低水準であり、その日、日本銀行は 1998 年以来初めて通貨を下支えするために介入しました。

フィラデルフィアの半導体指数は、ジョー・バイデン米大統領が先週、中国のチップ製造産業を妨害する可能性のある新しい一連の輸出規制を発表した後、昨晩 3.5% 下落しました。

サクソバンクの市場ストラテジスト、レドモンド・ウォン氏はリポートで、「ワシントンは米国の技術への中国のアクセスをさらに制限する動きを見せており、これが世界的な半導体需要の鈍化の兆候を助長している」と指摘。

この動きは、半導体生産に携わる日本企業に重くのしかかるように見えた。 チップ製造装置メーカーの東京エレクトロンは5.49%下落し、産業用ロボットメーカーのファナックは3.93%下落した。

電気モーターメーカーの日本電産株式会社は、自社株買いの不適切な処理に関与したとの報告を受けて、日経平均で最大の損失である 9.34% 下落しました。 同社は報道を否定し、法的措置を検討していると述べた。

国内証券会社のストラテジストは、「自社株買い疑惑で会社が汚されたようだ」と語った。

電気機器メーカーの安川電機は、今会計年度の利益見通しを引き下げた後、6.04%下落しました。

投資家が今週の定期的なインバウンド観光の再開からの反発を期待しているため、旅行関連株は好調でした。

百貨店の高島屋は3.33%高、東日本旅客鉄道は2.27%高。 TOPIXの航空関連株は2.24%上昇し、他のセクターを上回った。

日経の 225 の構成銘柄のうち、185 が損失、35 が上昇、5 が横ばいで取引されました。 (Sam Byford と東京市場チームによる報告、Uttaresh.V による編集)



Source link