テクノロジー企業は、COVID-19 制限後の在宅勤務オプションを検討しています


(NewsNation) — COVID-19 の健康に関するガイダンスが緩和されるにつれて、Apple の週 3 日オフィスへの復帰計画は、在宅勤務ポリシーの終了を求めるテクノロジー大手の数が増えていることを示しています。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、同社のリモートワークポリシーを終了する電子メールが流出した後、「他の場所で働くふりをする」ことができるとスタッフに語った.

同様に、Amazon はリークされたメモで病気休暇のポリシーを更新し、ほとんどの倉庫で COVID 固有の接触追跡対策を終了しました。

しかし、それは企業が従業員にオフィスに戻るよう要求するのに役立ちますか?

「近接バイアスと呼ばれる信頼バイアスがあります。マネージャーや他の人が近くにいる人がより価値があると認識する危険な判断エラーです」とGleb Tsipursky博士は木曜日にNewsNationの「Rush Hour」に説明しました.

Tsipursky は、Disaster Avoidance Experts の CEO です。この会社は、リーダーや組織がビジネス上の災害を回避できるように支援するブティック コンサルティング、コーチング、トレーニング会社です。

「リモートで作業する時間が長くなればなるほど、より生産的に働かなければならない時間が増えます」と Tsipursky 氏は言います。

フォーチュン フォーラム (Salesforce が所有する Slack Technologies Inc. の調査プラットフォーム) が最近実施した調査では、月曜から金曜までキュービクルにいる労働者は、より柔軟な取り決めをしている同僚と比べて、自分の仕事に満足していないと言っていることがわかりました。

「彼らは、オフィスにいる人は定着率が 35% 悪いことを発見しました。 オフィスに出社することを余儀なくされれば、より多くの従業員が離職し、より多くの時間をリモートで働いている人は生産性が高くなります」と Tsipursky 氏は述べています。

Bloomberg によると、米国のホワイトカラー労働者の 46% がハイブリッドな勤務スケジュールを組んでいます。

さらに、Apple の CEO であるティム・クックは従業員に対し、火曜日と木曜日はオフィスにいることが期待されており、チームは都合のよい 3 日目を選択することを伝えています。

一方、Meta は別の見方をしており、どこからでも仕事をするというポリシーを維持することを選択しています。

冷静な話し合いや即席の会議というアイデアは雇用主を惹きつけますが、労働力に対する需要は高いため、労働者は、少なくとも一部の時間、リモートで働く権利を保持しようとすることに力を発揮する可能性があります。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *