テクノロジー コラムニストと卒業生が、エモリー大統領のポッドキャストで世界的なサプライ チェーンの危機について語る


2019 年の秋、クリストファー ミムズがベトナムの港に立っていたとき、友人から電話があり、「中国でのこの流行」が彼に影響を与えるかどうか尋ねられました。 彼はドックにいて、船が携帯電話の部品でいっぱいの超高層ビルほどの大きさのコンテナを運ぶのを見ていました。 Mims は、2021 年の著書「Arriving Today: From Factory to Front Door — Why Everything Has Change About How and What We Buys.」の調査を行っていました。

テック ライターとして、Mims は製造業でロボットがどのように人間に取って代わりつつあるかを調査し始めました。 彼は、目の前でグローバルサプライチェーンが崩壊するのを見ようとしているとは思いもしませんでした. One Big Question の最新エピソードでは、Emory 社長の Gregory L. Fenves が Mims にインタビューし、グローバリゼーションとそれが人々の日々の購入決定にどのような影響を与えているかについて語っています。 完全なインタビューを聞く.

Fenves 氏は、大きな疑問から始めます。「ここ数年、遅延や不足が発生すると、グローバル サプライ チェーンが非難されます。何が起こっているのか説明できますか?」

Mims 氏は次のように答えています。 これらの業界が集中しているため、多くの単一障害点があります。 コンデンサーのような非常に単純なものが必要な場合は、中国のコンデンサーの村または町または都市に行きます。 そして、コンデンサーの町がパンデミックによって閉鎖された場合、コンデンサーを必要とするすべての人、つまり世界中のすべての電子機器メーカーが蓄えを使い果たす必要があります。」

ミムズはウォール・ストリート・ジャーナルのコラムを書いています キーワード電気自動車からメタバースまで、あらゆるものをカバーしています。 エモリー大学の卒業生は、ジャーナリズムのキャリアを追求する前に、神経科学と行動生物学を学びました。 10 年以上にわたり、彼はテクノロジーが人々の日常生活をどのように変えたかを見てきました。 彼はまた、シリコン バレーからコンピューターが製造されているアジアの地方まで、技術の進歩をめぐる労働市場にも細心の注意を払っています。

Mims にとって、グローバリゼーションは高尚な概念ではありません。 彼が One Big Question で Fenves に説明しているように、「地球はこれまで以上に相互接続されています。 私たちはこれまで以上に相互依存しています。 そして、もうその網を解くことは本当にできません。」

以下は彼らの会話の抜粋です。

フェンベス: グローバル サプライ チェーンは、グローバリゼーション、貿易の容易さ、貿易政策、資金の流れ、技術の流れ、および知的財産によって可能になりました。 しかし、その多くが変化し始めていると感じています..では、テクノロジーの問題とサプライチェーンの問題と、グローバリゼーションのより広範なトレンドとの関係をどのように見ていますか?

ミムズ: 再保証の概念があります。これは、製造業を自国の範囲内に戻すことです。 人々はそれを「アリー・ショアリング」と呼んでいます。 あなたは、ロシアが主に中国や他の国々と取引している、地政学的に調整されたこれらの2つの巨大なブロックを想像してみてください。 米国や EU などは、「南シナ海で戦争が起きた場合に、マイクロチップを常に供給できるようにするにはどうすればよいのでしょうか。インテルに大量に提供する必要があるかもしれません」マイクロチップの生産を米国に戻すための資金」

Mims との完全な会話を聞く.

One Big Question の各エピソードで、Fenves はエモリーの著者、発明者、研究者、卒業生などと一緒に座り、彼らの経験や専門分野について学びます。 最初の 2 つのエピソードでは、疫学者とソーシャル メディアの達人が取り上げられました ローレル・ブリストウ そして小説家 タヤリ・ジョーンズエモリーのチャールズ・ハワード・キャンドラー教授である英語とクリエイティブ・ライティングの教授です。 現在、全 3 話がアップされています。

彼の新しいポッドキャスト シリーズで、グレゴリー L. フェンベス大統領はエモリーの専門家に、社会、私たちが直面している課題、そして彼らが発見した予想外で大胆で野心的で勇敢な解決策について大きな質問をします。

現在、最初の 3 つのエピソードが公開されています。

One Big Question の詳細



Source link