テックが奈良ファミリーメープルセンターを開設 | ニュース、スポーツ、求人



MTU イベント – ミシガン工科大学 ミシガン工科大学は、木曜日の午前 10 時に、ブートジャックの Nara Family Forest に新しく建設された Nara Family Maple Center のリボンカットを行います。

ホートン — ミシガン工科大学の指導者と奈良家は、8 月 18 日木曜日の午前 10 時に、ミシガン工科大学のトーチ レイク タウンシップにある奈良家の森で、新しく建設された奈良家メープル センターのテープカット式を開催します。 .

2018 年 6 月 28 日の Nara Nature Trail での調印式で、Houghton と Bootjack の Ruth Nara は 640 エーカーの森林に覆われた区画を Michigan Tech に寄付しました。 640 エーカーの土地とそこにある木材は、200 万ドル以上の価値があります。 敷地内には、集めたカエデの樹液を煮詰めてシロップを作る砂糖小屋もありました。

奈良ファミリー メープル センターは、K-12 のアウトリーチと、技術系の学生がサトウカエデの歴史と遺産を教えるために使用されます。 「森が生み出す素晴らしいものすべて」 Tech の昇進および同窓生関与担当副社長である William Roberts によると、彼は Tech 理事会への報告書でこのことを述べています。

参加者は、大学の指導者、森林資源環境科学部の教員、および奈良家から話を聞くことができます。

ミシガン工科大学振興局のテイラー・タンカースリー氏は、新しく建設された砂糖小屋には、ミシガン工科大学の林業学部がシロップ文化をカバーする包括的な非伝統的なコースを提供した、アルバータ州の大学のフォード林業センターでシロップ生産に使用された蒸発器が収容されていると語った。タップとボイルだけでなく、ビジネス慣行も含まれます。

「パビリオンエリアもありますが、

2018 年 6 月には、混合広葉樹、森林湿地、低地の針葉樹からなる奈良家の森が大学に寄贈されました。

ルースの亡き夫であるロバート・ナラは、1935 年 10 月 10 日にデトロイトでウィリアム O. とメイ (モンク) ナラの息子として生まれました。 彼は 1953 年にレイク リンデン ハッベル高校を卒業しました。 彼はミシガン州立大学に通い、1959 年にミシガン大学歯学部を卒業しました。

彼はホートンで数十年間歯科医院を運営し、予防歯科を促進する組織である Oramedics International の創設者でもありました。

コッパー カントリーへの寛大な寄付者であり、最も有名な場所の 1 つはホートンの奈良自然公園です。訪問者は、ピルグリム川周辺の遊歩道、森の中の遊歩道、小川に架かる橋を楽しんでいます。 彼らはまた、奈良動物シェルターを設立し、資金を提供しました。

ロバートは、コミュニティ全体で多くの理事を務めました。 彼はとても寛大で、本当に世界をより良い場所にしたいと思っていました。

情熱的なフォレスターとして。 ナラはブーツジャックにある家族のカエデの森を楽しみ、そこの木々の健康を改善しました。 ロバートは、所有するようになったとき、豊かな歴史を持っていた財産を所有する奈良の3代目です。

彼の祖父、ジェームズ W. ナラ、ジョン W. ナラは 1890 年代にフィンランドから移住し、コッパー カントリーで最初の商業写真家の 1 人になりました。 奈良の写真コレクションが収められているミシガン テック アーカイブスによると、彼は写真家としての成功により、ブートジャック エリアを含むこの地域に材木の土地を投資することができました。 彼は、選択的伐採の慣行を最初に提唱した人の 1 人になりました。 木材の選択的収穫と製材に加えて、奈良は小さな農場のために伐採地をフィンランドの移民にリースし、彼の多くの写真の主題となっています.

奈良ファミリー メープル センターのテープカット式は午前 10 時に開始され、ミシガン工科大学の指導者との会合に一般市民が招待されます。 新しいメープル センターは、レイク リンデンの 45016 N. Jacobsville Road にあります。



今日のニュース速報などを受信トレイに










Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.