ハイテクオフィスの占有率は依然として複雑


ハイテクは何年もの間、オフィス部門の主要な収入源でした。 しかし、パンデミックとマクロ経済の逆風によって引き起こされた変化は、 業界の不動産慣行を作る はるかに確実ではありません。

Cushman & Wakefield は、ハイテクとその CRE の使用がどのように調整されているかを調べました。 リースに対するプレッシャーの 1 つは、オフィスに配置する必要がある人数です。 パンデミックへの最初の対応から、多くの活動をリモートで行うことができるため、テクノロジーは在宅勤務に移行しました。 オフィスに戻るのが遅くなりました。

この業界は、Cushman & Wakefield の分析が調査した 7 つの企業の中でオフィス中心のアプローチが最も低く、オフィス中心のアプローチを採用している企業はわずか 3.13% でした。 また、28.13% で 2 番目に大きいリモートの最初のコンテジェントがあり、28.57% でプロフェッショナル サービスとビジネス サービスのみが高く評価されました。 テクノロジーは 60% 弱で、オフィスの柔軟なアプローチも最も低くなっています。

「テクノロジー セクターは、オフィス ワークの未来についての考え方が最も多様です。テクノロジー企業は、ハイブリッド、リモート ファースト、さらにはどこからでも仕事をする方法論を試みる傾向があります」と Cushman は書いています。 「しかし、他の業界と同様に、テクノロジー企業は、ほとんどの従業員がオフィス内での作業とリモートでの作業を組み合わせたハイブリッドな作業環境を実装する可能性が最も高いです。」

これらのダイナミクスを考えると、この業界では、他の業界よりもオフィス賃貸の必要性が本当に小さく認識されているようです。 ただし、分析では、ビッグテックが宇宙に長期的な取り組みを続けていることも指摘しています。

「パンデミックの初期の明確さの欠如に駆り立てられて、テナントは新しいリースよりも更新に署名する可能性が高く、平均リース期間を短縮しました」と同社は書いています. 「興味深いことに、パンデミック時代のリース期間短縮傾向の唯一の例外は、大規模なテクノロジー企業の新しいリースであり、パンデミック前よりも平均で 1 年以上長くなっています。 300 万平方フィート (msf) 以上の賃貸面積を持つ最大のテクノロジー企業の新規リースは、パンデミック前の 10 四半期 (2017 年第 4 四半期 – 2020 年第 1 四半期) の 91 か月弱から、2017 年にはほぼ 106 か月に増加しました。パンデミック期(2020年第2四半期~2022年第3四半期)」

そこでも、状況は変化しています。 「ビッグテックの更新は、第 10 四半期のパンデミック前の期間の 55 か月から、第 10 四半期のパンデミック期間の 46 か月強に減少しました。 中小規模のテクノロジー企業も同様の減少を記録し、平均 49 か月超から 38 か月超に減少しました。

しかし、新規および更新リースの合計は、パンデミックの準備期間と比較してほぼ半分に減少しましたが、オフィスリースでは依然として重要な力です.



Source link