バージニア工科大学がグラント・ウェルズをQBのスターティングメンバーに指名。 RB マラキ トーマス「毎週」


バージニア州ブラックスバーグ — グラント ウェルズは、バージニア工科大学の最初のクォーターバックになるための移籍間の戦いに勝利しました。 ヘッドコーチのブレント・プライは水曜日の夜、春の練習が終わってから想定されていたことを発表した:冬にマーシャルからバージニア工科大学に移籍したウェルズは、ホーキーズが9月2日にオールド・ドミニオンでシーズンを開幕するとき、最初のクォーターバックになるだろう. 彼はサウスカロライナの移籍ジェイソン・ブラウンを打ち負かした。

プライはまた、ランニングバックでスタートする本命のマラキ・トーマスは「毎週」怪我をしていると語った. トーマスは昨シーズン、新入生として93回ラッシュして440ヤードと3回のタッチダウンを記録した。

ウェストバージニア州チャールストン出身のレッドシャツ ジュニアであるウェルズは、マーシャルで 2 シーズンを開始し、5,623 ヤードと 34 タッチダウン、23 回のインターセプトを記録し、2020 年に新入生としてオールカンファレンス USA のファーストチームの栄誉を獲得しました。彼は昨年、3,532 ヤードを投げました。彼は 2 年生として、1 試合あたり平均 270.9 ヤードのパスを記録し、今シーズン ACC に戻ってきたクォーターバックの 5 番目にランクされています。 彼はキャリアの中で 8 回の 300 ヤード パス ゲームを持っています。

6 フィート 2 インチ、208 ポンドのこの選手は、スプリング ボールから出てくる仕事の最有力候補でした。彼は、スプリング ゲームで 178 ヤードの努力で 11 対 21 を記録し、カレブ スミスに 2 回のロング タッチダウンをもたらしました。

「彼は驚異的な春を迎えたと思う」とクォーターバックのコーチ、ブラッド・グレンは先週のメディアデーで語った. 「彼はキャンプで驚異的な早起きをした。」

FCSセント・フランシス(ペンシルベニア州)でプレーした後、サウスカロライナ州からホーキーズに加入したフレデリックスバーグ出身のレッドシャツの先輩であるブラウンは、ウェルズのバックアップとなる. 彼は昨年、ゲームコックスの第 3 チームのクォーターバックとしてスタートしましたが、レギュラー シーズンの最後の 4 試合で先発出場し、オーバーン戦とフロリダ戦で勝利を収め、721 ヤードのパス、8 回のタッチダウン、6 回のインターセプトでフィニッシュしました。

(写真: バージニア工科大学アスレチックス提供)





Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.