バージニア工科大学の学生がケンタッキー州東部の清掃活動を支援


バージニア州ブラックスバーグ – 金曜日になると、ホーキーのグループがケンタッキー州レッチャー郡に向かい、7 月下旬の致命的な洪水の後、クリーンアップ作業を支援します。

プレスリリースによると、州にいる間、学生たちは「家を荒らし、食べ物を準備し、地域社会への物資を整理し、洪水救済のためのアパラチアン・ルーツ・ベネフィット・コンサートを支援することに時間を費やします」.

このグループは、社会保健クラスを共同で教えている宗教文化学部の准教授であるエミリー・サターホワイトが先頭に立っています。

サターホワイト氏は、「私たちは彼らと連帯してほしいと思っています。寄付やチャリティーを提供する人々としてではなく、気候変動が加速するにつれて隣人の助けが必要になる可能性があることを知っている人々としてです」と語った.

John Frazier はバージニア工科大学の 3 年生で、Satterwhite のクラスに在籍しています。 機会が訪れたとき、フレイザーはボランティアをしたいと考えました。

広告

「実際にそこにいて、自分の目で見るのとは明らかに違います…私が最も楽しみにしているのは、そこのコミュニティの人々とつながることだと思います」と Frazier 氏は言いました。

Satterwhite は WSLS 10 に、およそ 25 人が手伝ってくれると言っています。 彼らはまた、ダニエル・クリステンセンの「アパラチアの民俗文化」コースで結び付けられたキルトをいくつか持ってきます.

“あら。 ダニール・クリステンセン博士と民俗文化とアパラチアのクラスには、ケンタッキー州東部の人々に快適さを与えるために私たちが持っていくこれらのキルトを、非常に迅速に動員し、スクラップからゼロから作成するために時間を割いてくれたことにとても感謝しています。」サターホワイトは言った。

Satterwhite 自身もケンタッキー州と個人的なつながりがあります。

「私はケンタッキーで育ちました。 私たちが向かっているレッチャー郡の大学の親しい友人がいます。 私はそこにいる人々に感銘を受けました」と Satterwhite は言いました。

広告

今、彼女と彼女の生徒たちは、自分たちで手伝っています。 これは、大学のモットーである Ut Prosim に関連しています。

「『気分がいい、私はとてもいい人だ』ということではなく、これが私のコミュニティの他の人間に対する私の責任であるともっと見なされるべきだと思います」とフレイジャーは言いました.

バージニア工科大学士官候補生隊もこの運動に参加する予定です。 Satterwhite は、心肺蘇生や応急処置から災害救援や建設まで、さまざまな経験を持つ 11 人のボランティアを追加で輸送するよう手配しました。

旅行まであと数日ですが、このグループは、Holler to Holler プロジェクトの追加の目標をサポートするために、さらに多くの資金を必要としています。 寄付方法の詳細については、バージニア工科大学のアパラチア研究の Facebook ページをご覧ください。

Copyright 2022 by WSLS 10 – 無断複写・転載を禁じます。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *