ビュートにあるモンタナ工科大学は、同窓生から過去最高額の寄付を受け取りました


ビュート — 大学の授業料は高額ですが、ビュートにあるモンタナ工科大学の学生は、同窓生による記録破りの寄付のおかげで、奨学金を受ける機会が増えています。

モンタナ工科大学財団の Luke Meyer 氏は次のように述べています。

Arthur “Art” Ditto は最近、今後 2 年間で 100 万ドルを約束し、鉱業採掘産業の分野で勉強している学生への奨学金として彼の名前で基金に寄付しました。

「私が何らかの形で学校が人々を惹きつけられるようにすることができれば、それは学校だけでなく世界全体にとって価値があると思います」とディットは言いました。

1964 年の卒業生として、Ditto はスチュワード鉱山で地下鉱山労働者として働きながら、当時モンタナ スクール オブ マインズとして知られていた学校を卒業しました。

「大変で汚い仕事でしたが、比較的言えば、良い給料を得ることができました。それは、学校を卒業しなければならない他のものを補うための経済的手段を提供しました」とディットーは言いました.

モンタナ工科大学財団は、同校に貢献する同窓生が増えていると述べています。

「私たちには、おそらく学生ローンを同時に返済しながら、学校を支援している多くの若い卒業生がいます。これは驚くべきことです」と Meyer 氏は言います。

Ditto 氏は、Tech で受けたトレーニングが、鉱業業界での長いキャリアの成功につながったと考えています。

「ここで得た経験とここで得た学習の機会がなければ、自分がやってきたことを成し遂げることはできなかったでしょう。 そして、ここにいるすべての卒業生は同じことを言うと思います」と同上は言いました。

テクノロジーは、卒業後に高収入の仕事に就く学生にとってトップクラスの学校の 1 つとして評価されることがよくあります。





Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.