フォードのハイテク工場は将来の施設の青写真になる


Ford Motor Co. が 119 年ぶりに最大かつ最もハイテクな工場を建設することを世界に明らかにしてから 12 か月以内に、自動車メーカーは約 370,000 トンの石を敷設しました。ヨーク港の彫刻はフランスから米国に寄贈されたが、1,600 個ではなく、同社は金曜日に発表した。

約 6 平方マイルの敷地は、もはやテネシー州の単なる大きな空き地ではありません。

現在、Ford のロゴにちなんで名付けられた BlueOval City の本拠地である Ford of Dearborn と韓国の SK Innovation は、次の「全電動革命的」トラックとバッテリーを製造する組立工場への 56 億ドルの共同投資を進めています。 . ホンダ、トヨタ、レクサス、フォルクスワーゲン、キア、ヒュンダイ、テスラが所有する工場がある深南部でのフォードの最初の主要なプレゼンスとなる。

Ford と SK Innovation が 56 億ドルの投資を発表してから 1 年後、構造用鋼が建設され、テネシー州西部に将来の Ford と Lincoln の車両向けに、まったく新しい電気トラックと先進的なバッテリー工場を建設する予定です。 フォードは、2026 年後半までに世界中で年間 200 万台の電気自動車を製造することを目標に掲げています。約 6 平方マイルのこの敷地は、2025 年の開業予定時には、何千もの新しい雇用を創出します。

フォードのジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)は、2026年末までにフォードとリンカーンの電気自動車を世界で年間200万台製造することを目標に、2025年に新工場での生産を開始することを計画していると、同社は金曜日に再び述べた. 1 年前、パートナーシップは、ケンタッキー州で推定 5,800 の新しい仕事を計画することを明らかにしました。

「我々は、まさにここ西テネシーで未来を築いています」と、フォードの新フットプリント建設担当ディレクターであるエリック・グラブは声明で述べた。 「この施設は、フォードの将来の製造施設の青写真であり、フォードがアメリカの電気自動車への移行をリードできるようにするものです。」

Ford は、テネシー州スタントンの BlueOval City で、自動車メーカーとそのパートナーである SK Innovation がトラックとバッテリーを製造するための 56 億ドルの投資を発表してから 1 年も経たないうちに正式に着工しました。

共和党のテネシー州知事ビル・リーは、フォードが発表した声明の中で、ブルーオーバル・シティは「テネシー州の人々に変革的な影響を与える」と述べ、スタントンのヘイワード郡の町をはるかに超えて経済に影響を与える.

Ford 氏は、この 1 年間、プロジェクトの影響を受けるテネシー州の住民と、直接会ったり、ライブストリーミングで話し合ったりしてきたと語った。

テネシー州スタントンのブルーオーバル シティ サイトの労働者は、2025 年に新しいフォード工場を開設するために働いています。自動車メーカーとそのパートナーである韓国の SK イノベーションは、電気トラックとバッテリーの運用に 56 億ドルを投資しました。

建設チームは 3 月に土地の準備を開始しました。

フォード氏によると、これまでのところ、乗組員は次のとおりです。

  • 約 34,500 個のプールを満たすのに十分な、460 万立方ヤード以上の土壌を移動しました。
  • 4,600 を超える「ディープ ファウンデーション」を設置しました。これは、40 から 80 フィートの長さのチキン ワイヤー チューブのように見える水密鋼チャンバーであり、基礎を構築するために使用されます。 端から端まで配置すると、深い土台の長さは、エッフェル塔の構造物約 176 個分に相当します。
テネシー州スタントンにあるフォード工場の建設作業員は、チキン ワイヤー チューブのように見える深い基礎鋼を並べました。 自動車メーカーは、2022 年 9 月 23 日金曜日、プロジェクトが予定通りに進んでいると発表しました。

この地域の水質を守ることは、テネシーの人々にとって大きな問題です。

メンフィス サンズの帯水層は、プロジェクト サイトの下にあります。

「帯水層では、粘土と水で飽和した砂のシートが垂直に 3,500 フィート下にあり、層状のケーキのように積み重なっています。しかし、ミシシッピ州とケンタッキー州の境界線の間に広がる薄い地域では、地表近くに粘土がなく、雨水が浸透する可能性があります。 100 万人以上の人々が飲料水として頼っている水源を迅速かつ直接的に補充します」とテネシー ルックアウトは 2021 年 1 月 3 日に述べました。



Source link