ブレイク・ピエティラがプレシーズンオールCCHAに選ばれ、テックは5位に選ばれた




ブレイク・ピエティラがプレシーズンオールCCHAに選ばれ、テックは5位に選ばれた



ミシガン州ホートン – ミシガン工科大学は、月曜日 (9 月 19 日) にリーグが発表した CCHA プレシーズン コーチの投票で 5 位に選ばれました。 シニア ゴールキーパーのブレイク ピエティラは、プレシーズン オール CCHA チームに指名されました。

ミネソタ州立大学は、レギュラー シーズン チャンピオンに授与されるマクノートン カップを獲得するために、ヘッド コーチによって選ばれました。 ディフェンディング チャンピオンとフローズン フォーのファイナリストは、リーグのトーナメント優勝者として 2022 メイソン カップも獲得しました。 マーベリックスは 6 票の 1 位票を集め、合計 69 ポイントの 70 票を獲得しました。ミシガン州北部は 2 票の 1 位票を含む 61 ポイントを獲得し、ボウリング グリーンは 58 ポイントで 3 位に選ばれました。 Bemidji State (51)、Michigan Tech (47)、Lake Superior State (45)、Ferris State (32)、および St. Thomas (30) が投票を締めくくりました。

ミシガン州ハウエル出身のブレイク ピエティラは、2021-22 年にハスキーズで 37 試合すべてに先発出場し、21 勝 13 敗 2 敗、平均 1.91 ゴール、セーブ率 .918 を記録しました。 All-CCHA Second Team の受賞者である彼は、2194 分 52 秒で 779 セーブを記録し、シーズン 7 で完封の学校記録を結びました。 全国的に、彼は平均に対して完封で4位、ゴールで7位にランクされ、国のトップゴールキーパーとしてマイクリヒター賞のセミファイナリストでした. 彼は 4 回の CCHA 今週のゴールテンダーでした。

第 14 回 NCAA トーナメントを終えて、コーチのジョー ショーハンとハスキーズは、すべてのカンファレンスの受賞者であるブレイク ピエティラとアービッド カデロスを返します。 NCAA ディビジョン I に移籍した Ryan O’Connell、Jack Works、David Jankowski には豊富なゲーム経験があり、新入生の NHL ドラフト ピックである Kyle Kukkonen も、ブラック アンド ゴールドの氷上でエキサイティングな才能を発揮するでしょう。

CCHA メディア デーは、水曜日 (9 月 21 日) の午前 11 時から開催されます。CCHA コミッショナーのドン ルシアと CCHA のオフィシエイティング ディレクターであるケビン ラングセスと共に、8 人の CCHA ヘッド コーチ全員が来シーズンのプレビューを行い、参加者からの質問に答えることができます。 Zoomを介して、地方、地域、および全国のメディアアウトレットを仮想的に。


2022-23 プレシーズン All-CCHA チーム

フォワード ブレンダン・ファーリー、SR、ミネソタ州
フォワード ルイス ブドン、SR、レイク スペリオル州立大学
フォワード AJ ヴァンダーベック、SR、ノーザン ミシガン
ディフェンス ジェイク・リビングストーン、JR、ミネソタ州
防衛ジェイコブ・ベングソン、JR、スペリオル湖州
ディフェンス エリアス ローゼン、SR、ベミジ州
ゴールキーパー Blake Pietila、SR、ミシガン工科大学


2022-23 CCHAプレシーズンコーチの投票

ミネソタ州 – 69 (6)
ミシガン州北部 – 61 (2)
ボウリンググリーン – 58
ベミジ州 – 51
ミシガン工科大学 – 47
スペリオル湖州 – 45
フェリス州 – 32
セントトーマス – 30



Source link