プレビュー: グランドラピッズでハスキーとパンサーが出会う




プレビュー: グランドラピッズでハスキーとパンサーが出会う



ミシガン州ホートン – ミシガン テック (1-3、0-0) は、2022 レギュラー シーズンの最初のカンファレンス アクションで、10 月 1 日土曜日にグランド ラピッズに向かい、ダベンポート (3-0、0-0) と対戦します。 キックオフは正午。 ゲームは 920 AM と 107.3 FM WMPL で聞くことができます。 昨シーズン、ハスキーズはホームカミングでパンサーズを 31 対 7 で快勝しましたが、DU は週末に向けて 3 対 0 で無敗のままです。

ラストタイムアウト

  • No. 19 Saginaw Valley State は、土曜日の午後、非会議サッカーで、Kearly Stadium でミシガン テックを 35-13 で下すために、合計 413 ヤードの攻撃を記録しました。 ハスキーズは 13-7 でリードしましたが、アイザイア マルコムが 145 ヤードと 2 回のタッチダウンを奪い、カージナルスが後半に引き離すのを助けました。
  • ハスキーズは前半のタッチダウンのペアを記録しました。 ダリウス・ウィリスは、クォーターバックのウィル・アークからパスをキャッチし、59 ヤードを走って、3 ヤード ラインからウィル マラノを追い返し、スコアを設定しました。 アークはまた、スクリメージラインの後ろにあるイーサンチャンプニーにサッカーを投げ、チャンプニーはそれをダウンフィールドの広く開いたブランドンミチャラックに投げて、第2四半期を開始しました。
  • ハスキーズは後半にスコアボードから遠ざかり、合計176ヤードの攻撃を記録しました。 その間、マルコメは7ヤード離れた場所から2回目のタッチダウンを急いで行い、SVSUに21-13のアドバンテージを与えました。 ブリトは第3四半期に1ヤードのキーパーにタッチダウンを追加し、アーロン・フォークスがゲームを手の届かないところに置き、第3四半期に4:04を残した.

アークがクォーターバックでリード

  • シニア クォーターバックのウィル アークは、過去 2 週間、ハスキーのスナップの大部分を演じました。 今シーズン、彼は 3 回のタッチダウンと 3 回のインターセプトで 401 ヤードのパス成功率 45.6% を達成しました。
  • グリーンベイ出身の彼は、昨シーズン、Harold Meese Team Sportsmanship Award とともに、Honorable Mention All-GLIAC に選ばれました。
  • 彼は10試合すべてに先発出場し、14回のタッチダウンと7回のインターセプトで1,715ヤードのパスを獲得した。 彼はまた、64ヤードと2得点を急いだ。
  • アークは現在、GLIAC のスターティング QB の中で 7 位にランクされており、1 ゲームあたりのパスヤードは 100.3 ヤードです。

急ぎの報告

  • マラノは土曜日にSVSUに対して44回、1回のタッチダウンで17回ラッシュしました。 マラーノのキャリーあたりの平均飛距離は 2.6 ヤードでした。
  • 彼の 1 試合あたりの 48.0 ヤードは、カンファレンスのバックスの中で 8 番目に優れています。 マラノの年間最長ランは 25 ヤードです。 彼の68回の試みは、GLIACを上回っています。
  • 2 年生のアレック モリアティ (ウィスコンシン州ベルリン) は、土曜日に 8 ヤードでキャリア最高の 6 キャリーにワークロードを増やしました。 彼は、ダベンポートに向かうマラノに次ぐ深度チャートの2番目のテールバックとしてリストされています。

ウィリスは引き続きトップターゲット

  • 2 年生のダリウス ウィリス (ウォーレン、ミシガン州) は、71 ヤードで 4 回のレシーブを記録し、土曜日に引き続きアークのレシーブ オプションの第 1 位でした。
  • 新入生として佳作オールグリアックに指名されたウィリスは、現在レシーブ ヤード (223) で 6 位にランクされており、16 レシーブと 1 試合あたり 55.8 ヤードを記録しています。
  • ウィリスがディフェンシブの注目を集めているので、2年生のイーサン・チャンプニーとブランドン・ミチャラックが土曜日にミックスに参加することを探し、36ヤードのレシーブを持つシニアタイトエンドのルーク・テリアンも探してください.

スペシャルチームレポート

  • ブレンダン ラックは今シーズン、ハスキーズの主要なパンターとして引き継がれ、相手の 20 ヤード ライン内に 3 回着地することを含め、平均 39.6 ヤードで 21 回のパントを行いました。
  • 2 年生のキッカー、ドリュー ワイブルは、サギノー バレー州立大学に対してフィールド ゴールを試みず、シーズン中 2 対 3 を維持し、ロングは 40 でした。

パンサーの偵察

  • パンサーの名簿は、3-8 で終了した昨年のチームから大幅に改善されたようです。 ダベンポートのオフェンスは先週末、ノースウッドを 51-17 で下した試合で合計 586 ヤードを記録し、学校の記録を打ち立てました。
  • クォーターバックのジェイソン・ウィテカー (ミシガン州ロックフォード) は、シーズン初出場で GLIAC オフェンシブ プレーヤー オブ ザ ウィークに選ばれました。 ウィテカーは大学院生で、高校卒業後は 4 つ星の見込み客であり、ESPN によって全国で 24 位のベスト ポケット パサーにランクされました。
  • ディビジョン I ノースウェスタンでのベンチでの最初のシーズンの後、ウィテカーは 2019 年に 2 試合に出場し、ダベンポートに移籍しました。 先週、彼はパス 29 回中 21 回 (72.4%) を達成し、360 ヤードと 5 回のタッチダウンを達成しました。
  • 足で6回目のタッチダウンを追加した後、ウィテカーはゲームでのタッチダウンの学校記録を打ち立てました。
  • ワイドレシーバーのサイ バーネット (ミシガン州ウィリアムストン) は、昨シーズン、フェリス ステイトをディビジョン II ナショナル チャンピオンシップに導いた後、パンサーズに加入しました。 そこで彼は12試合をプレーし、フィンドレーに対する65ヤードのレセプションを含む、166ヤードで12のレセプションを獲得しました。 彼はこの秋の 3 試合で、パンサーズですでに 243 ヤードのレシーブ ヤードと 2 回のタッチダウンを記録しています。 彼は 1 試合あたり 6.7 のレセプションで GLIAC をリードしています。
  • Roy Livingstone (フロリダ州マイアミ) は、土曜日に DU の 3 回のタッチダウン レセプションで 111 ヤードを獲得しました。 シニアは、キックとパントのリターンの役割も果たします。
  • カリーフ・ジェンキンスは、ミシガン州北部との第 2 週に、キャリア最高の 104 ヤードと 2 回のタッチダウンを急いだ。 ジェンキンスは、1回のタッチダウンでティンバーウルブズに対して13回のキャリーで92ヤードを獲得し、キャリーあたり平均7.1ヤードでした。
  • ヘッド コーチのスパーキー マキューエンは 30 年以上のコーチ経験があり、2017 年 2 月からダベンポートの指揮を執っています。 DU は、9 月 3 日のトルーマン ステート戦で今シーズン 20-19 を開始するために、GLVC の対戦相手に接近戦で勝利を収めました。

最後の対戦

  • 昨シーズン、ハスキーズはカーリー スタジアムでパンサーズを 31 対 7 で下しました。 マラノはMTUのグラウンドゲームを早く確立し、90ヤードと1回のタッチダウンでフィニッシュしました。
  • アークはまた、48ヤードのキャッチでウィリスと接続し、スクリーンパスから逃げました。 テックはまた、4 つのファンブルを強制し、2 つのインターセプトを奪い、フィールド ゴールの試みをブロックしました。
  • 守備では、ハスキーズはオースティン・シュリヒトの2つを含む8つのサックで大きなプレッシャーをもたらしました。

また注目すべき

  • マーク シッペルは 49 タックルで GLIAC をリードしています。 彼は今秋の 4 試合すべてでタックル数でチームの首位に立っており、サギノー バレー州立大学に対して 14 タックルを記録しましたが、これはキャリア最高の 15 タックルに 1 つ足りません。 17 ソロ)。 彼はまた、4.5タックルで負けた2つのサックを作りました。
  • 非会議での 4 週間のプレーの後、GLIAC チームは 18 勝 8 敗の合計記録を保持しています。 4 チームが無敗を維持しており、3 チームが AFCA ディビジョン II トップ 25 にランクインしています。 ディフェンディング ナショナル チャンピオンのフェリス ステートは 1 位のままでしたが、グランド バレー ステートは 3 勝 0 敗の成績で 1 つ順位を上げて 2 位になりました。 サギノー バレー州立大学は、ミシガン工科大学での路上レースで優勝した後、順位を 2 つ上げて 17 位になりました。
  • ハスキーズは、3 回目のダウン コンバージョン (23%) で 10 対 44 で、カンファレンスの最下位にとどまっています。 しかし、チームは今シーズン 4 ダウン (56%) で 5 対 9 です。 MTU も 4 回のタッチダウンでレッド ゾーンで 5-5 です。
  • 昨年と同様に、ハスキーズはカンファレンスで最も規律のあるチームであり続け、144 ヤード (1 試合あたり 48.0 ヤード) でリーグ最低の 15 ペナルティを受けています。 Tech はサッカーの責任者でもあり、Saginaw Valley State との関係はファンブル負けの数が最も少ない (1)。
  • ディフェンスでは、ハスキーズは 3 回のファンブルをリカバーし、4 回のインターセプトを行いました。



Source link