ベトナムのテクノロジー企業 FPT が国内初の半導体チップを生産


[ハノイ 28日 ロイター] – ベトナムの大手テクノロジー企業FPT(FPT.HM)の一部門であるFPTセミコンダクターは、競争の激しいグローバル産業に参入する同社の取り組みの一環として、水曜日に医療機器に使用される半導体チップの最初のラインを立ち上げた。 .

同社は声明の中で、2023 年までに世界で 2,500 万個のチップを供給することを目指しており、日本、台湾、中国、米国を、家電から航空宇宙まであらゆる分野で使用され、需要の高いチップの主要市場として注目していると述べています。パンデミック以降のサプライチェーンの混乱によるものです。

近年、世界の半導体メーカーは、中国に代わる生産先として、すでに地域の主要な製造拠点となっている東南アジアの国に賭けてきた。

サムスン (009150.KS) は、今年初めにタイグエン北部の工場に 9 億 2000 万ドルを投入した後、2023 年 7 月にベトナムで半導体部品の製造を開始すると発表した。 インテルは、2021 年にベトナムへのチップ投資を ​​50% 近く増やしました。

米国の市場調査会社 Technavio による 8 月のレポートによると、ベトナムの総チップ生産は 2025 年までに 16 億 5000 万ドルの産業に成長する可能性があります。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

Phuong Nguyenによるレポート。 カヌプリヤ・カプールによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link