マイクロソフトはイスラエルの技術を統合してビデオ ストリーミングの品質を向上させます


イスラエルのストリーミング企業 Peer5 を買収してから 1 年後、Microsoft は同社の開発に基づいて、大規模なライブ放送で高品質のビデオ ストリーミングを展開するための新しいテクノロジを発表しました。

沿岸都市ヘルズリヤにあるマイクロソフトの主要研究開発センターで開発されたこの技術は、テクノロジー大手のビジネス コミュニケーション プラットフォームであり、COVID-19 の発生時に人気が急上昇した Zoom と Slack への回答である Teams に統合されます。在宅勤務やハイブリッド ワーク環境が形成され始めたパンデミック。

Microsoft は 2011 年に Skype を買収しましたが、ビジネス ツールとしての地位を確立することはなく、Skype for Business は昨年の夏に廃止されました。 一方、Microsoft は Teams に取り組み、デスクトップ OS (Windows) の 70% 以上の市場シェアを誇る主要な OS (オペレーティング システム) およびソフトウェア プロバイダーとしての強みを生かし、ビジネス コミュニケーション (チャット、会議、会議、コラボレーション) を提供しました。 Microsoft 365 Business への無料のアドオンとして組織に提供されます。

1 月、Microsoft の関係者は、Teams の月間アクティブ ユーザー数が 2 億 7000 万人を超えたと発表しました。 パンデミック前、このソフトウェアには約 3,200 万人のユーザーがいました。

Microsoft Israel は声明の中で、Peer5 の技術は、ネットワークに過負荷をかけることなく、大規模なライブ ブロードキャストでのビデオ ストリーミングの品質を大幅に向上させ、「組織が何百万人ものユーザー向けのストリーミング イベントを同時に開催できるようにする」のに役立つと述べています。仮想市庁舎。

Peer5 は 2012 年にイスラエルの起業家である Hadar Weiss、Guy Paskar、Shachar Zohar によって設立され、ブラウザー内で実行され、メッシュ ネットワーキング テクノロジで帯域幅の使用を最適化するエンタープライズ コンテンツ配信ネットワーク (eCDN) を提供し続けました。 同社によると、最大 200 万人の同時ユーザーがライブのオンライン イベントを開催し、その製品は世界中で 10 億人以上に利用されています。

Microsoft Corporation のコーポレート VP、Microsoft Israel Research & Development Center のゼネラル マネージャー、Microsoft Security の最高技術責任者である Michal Braverman-Blumenstyk (右) と、Microsoft Israel Research & Development Center のプロダクト マネージャーである Hadar Weiss 氏。 (ネタネル・トビアス)

「多くの従業員が同時にストリーミングを行うと、ネットワークが混雑する、​​とワイス氏はマイクロソフトの買収を発表した昨年の投稿で説明しました。 「これは、全員参加の会議や大規模なトレーニング セッション中に、またはメールで送信されたばかりのビデオへのリンクを全員が開いたときに発生する可能性があります。 当社のテクノロジーは、既存のネットワーク インフラストラクチャを変更することなく、可能な限り最も効率的な方法でこの問題を解決します。」

現在、マイクロソフト イスラエル研究開発センターのプロダクト マネージャーを務める Weiss 氏は、The Times of Israel に寄せられたコメントで次のように述べています。最適化されたネットワーク パフォーマンス。

「これは、組織がシームレスかつ安全にグローバル ミーティングやタウンホールをライブ ストリーミングし、全社的なトレーニングを配信できるように設計されており、人々や組織が接続を維持し、事実上どこからでも従業員と関わることができるようにします」と Weiss 氏は付け加えました。

「リモートワークが労働市場で広く受け入れられるようになって以来、これらの会議は組織の従業員とのコミュニケーションを改善し、会社への関与を維持するため、組織内で接続する機能が不可欠になっています」と Microsoft Israel は述べています。

これとは別に、Microsoft は今後数年間でイスラエルでの拠点を拡大し、2025 年までに国内に 5 つの拠点を追加し、R&D の人員を倍増させることを計画しています。

ヘルツリーヤにある Microsoft の新しいキャンパス (Amit-Geron)

マイクロソフトは現在、ハイファ、テルアビブ、ナザレで開発センターを運営しており、2 年前に R&D イスラエル本社のために 46,000 平方メートルのキャンパスを開設しました。 2020 年末の時点で、マイクロソフトはイスラエルで推定 2,300 人を雇用しており、そのうち 2,000 人は R&D に従事し、サイバーセキュリティ、AI テクノロジ、ビッグデータ、ヘルスケアなどのプロジェクトに取り組んでいます。 約 300 人が販売およびマーケティング部門で働いています。

同社は、開発センター全体で2020年と2021年に大幅な成長が見られ、今後数年間で2,500人以上のエンジニアやその他の役割を追加して、4,500人以上の現地労働力を構成したいと考えている.

計画されている 5 つのサイトには、25,000 平方メートルの敷地に 1,000 人以上の従業員を収容するテルアビブの 2 番目の場所、さらに 1,000 人の従業員のためにヘルツリーヤ サイトに隣接する約 17,000 平方メートルの追加スペース、および来年、ベエルシェバとエルサレムにオープンし、「超正統派ユダヤ人やイスラエルのアラブ人など、過小評価されている部門」の才能を活用する、と同社は述べた。

マイクロソフトによると、5 番目のサイトの場所はまだ検討中であり、従業員の多様性、通勤、ワークライフ バランスの懸念などの重要な要因が考慮されるとのことです。

マイクロソフトは 1989 年にイスラエルに現地支社を開設し、1991 年には米国外で初の R&D センターをイスラエルに設立しました。

あなたは熱心な読者です

10 年前にタイムズ オブ イスラエルを始めたのはそのためです。あなたのような目の肥えた読者に、イスラエルとユダヤ世界に関する必読の記事を提供するためです。

そこで今、お願いがあります。 他の報道機関とは異なり、私たちはペイウォールを設けていません。 しかし、私たちが行うジャーナリズムは費用がかかるため、タイムズ オブ イスラエルが重要になった読者を招待し、参加して私たちの仕事を支援してください。 タイムズ オブ イスラエル コミュニティ。

月額わずか 6 ドルで、タイムズ オブ イスラエルを楽しみながら質の高いジャーナリズムをサポートできます 広告なしアクセスだけでなく 独占コンテンツ Times of Israel コミュニティ メンバーのみが利用できます。

ありがとうございました、
デービッド・ホロヴィッツ、タイムズ・オブ・イスラエルの初代編集長

コミュニティに参加する コミュニティに参加する すでにメンバーですか? これを表示しないようにするにはサインインしてください





Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *