ミシガン工科大学は、新入生を歓迎するオリエンテーション ウィークを開催します


ミシガン州ホートン (WLUC) – ミシガン工科大学 (MTU) では、この数十年で最大規模の新入生クラスの 1 つであるオリエンテーション週間です。

今年のオリエンテーションのテーマは Track 2 Success で、学生が自分の道を見つける手助けをするという MTU の目標を反映しています。

この週は、金曜日のお気に入りのテクノロジーの伝統の味など、学生向けのさまざまなアクティビティが満載です。

2022 年のオリエンテーション トレーニング コーディネーターであるビクトリア ガザル氏は、「ダンク タンク、弾力性のある家、スリップ アンド スライドほうきボールを用意する予定です。 「私たちが学年全体で行っているさまざまなイベントを 1 日で見る機会があり、Tech が提供するすべてのものを味わうことができます。」

今日の時点で、約 1400 人の新入生がキャンパスに到着しており、週末までに合計で 1600 人近くになると予想されています。

オリエンテーションおよびトランジション プログラムのアシスタント ディレクターであるドーン コーウィン氏は、次のように述べています。 「つまり、これは 80 年代初頭以来 2 番目に大きなクラスです。」

登録期間中は、オリエンテーション スタッフが対応する準備ができています。

「私たちは、すべてのグループと一緒にいる人、学ぶべき人を見つけることができました」と Ghazal は続けます。 「私たちは専攻ごとにグループを設定しているので、すべての化学エンジニアとすべてのコンピューター サイエンス専攻をまとめることができます。今年は大きなクラスを開催するだけで本当にエキサイティングです。」

また、COVID-19 による制限が緩和されたことで、学生はより多くの機会を期待できます。

「COVIDの数が減少しているためです」とGhazal氏は付け加えました。 「私たちはキャンパスでより多くのものを開放し、過去に行ったいくつかのイベントを復活させることができました. キャンパス内の人々と交流する機会が増えただけで、さまざまな制限について心配する必要がなくなりました。」

オリエンテーション ウィークに続いて、大学のウェルカム ウィークが開催されます。ウェルカム ウィークには、さらに多くのイベントが含まれます。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *