モデルナは、ファイザーがCOVID-19ワクチンのmRNA技術をコピーしたと主張している


モデルナは、ライバルのワクチン開発者であるファイザーとそのパートナーである BioNTech に対して、同社の mRNA COVID ワクチンに関連する特許侵害を主張して訴訟を起こす計画を発表しました。

マサチューセッツ州に本拠を置く製薬会社は、8月26日金曜日に米国地方裁判所に訴訟を起こし、ドイツでも同様の訴訟を起こすと述べた. 同社は、ファイザーのショットが市場から取り除かれることに対する補償ではなく、技術の使用に対する補償を望んでいます。

モデルナは、2010年から2016年の間に治療薬とワクチンのmRNA技術を開拓し、特許を取得し、ファイザーはCOVIDワクチンを作るために許可なく技術をコピーした. 同社は 2020 年 10 月に、パンデミックが続く間は COVID 関連の特許を強制しないことを約束し、その後、92 の低中所得国に対しては決して強制しないと述べました。

しかし、新型コロナウイルスとの闘いは「新たな段階に入り」、世界の多くの地域でワクチンの供給がアクセスの障壁ではなくなったため、モデルナは誓約を更新し、補償を求めています。

モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は、準備された声明の中で、「私たちは、革新的なmRNA技術プラットフォームを保護するために、これらの訴訟を起こしています。革新的なmRNA技術プラットフォームを保護するために、私たちは先駆者となり、作成に数十億ドルを投資し、COVID-19パンデミックに先立つ10年間に特許を取得しました」と述べました。 .

関連している: ファイザーは、オムクロンを標的としたCOVIDワクチンブースターの承認を求めています

AP通信によると、ファイザーの広報担当者はコメントを拒否し、同社には訴訟のコピーがまだ届いていないことを示唆した.

モデルナは、2010 年に科学者が、mRNA が体内に導入されたときに望ましくない免疫反応を引き起こさないようにするための化学修飾の開発を開始したと述べました。 2015 年と 2016 年には、人間を対象とした試験でこの技術が検証されました。

両方の開発者は、mRNA 技術を使用した COVID ワクチンを連邦規制当局に提供しました。 ファイザーのショットは、2020 年 12 月に最初に緊急使用許可を取得し、モデルナの承認は 1 週間後に行われました。

米国は、8月下旬の時点で、ファイザーのCOVIDワクチンを3億6000万回以上投与しています。 CDCのデータによると、モデルナのワクチン接種は2億2900万回以上、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンは約1890万回に上る。

ミシガン州では、ファイザーのワクチンが 690 万回以上投与されているのに対し、モデルナのワクチンは 430 万回以上投与されています。

お近くのワクチンを見つけるには、主治医に連絡するか、ミシガン州のオンライン ワクチン検索サイト (こちら) を使用してください。

MLive で詳細を読む:

ミシガン州のサル痘患者数は 1 週間で 47% 増加

ミシガン州の 9 つの郡 (3 つの大きな郡を含む) は、CDC マスクが推奨する COVID レベルのままです

ミシガン州の裁判所は、中絶の合法性を維持するための議員の控訴を却下する

ミシガン州の学生ローンの負債額に関する 5 つの事実



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *