化学大手のデンカが、ペガサス テックが管理する 100 ドルのファンドで VC に飛び込む • TechCrunch


シリコンバレーに本社を置き、企業のスタートアップへの投資を支援するベンチャーキャピタル企業である Pegasus Tech Ventures は、日本の化学およびライフサイエンス企業である Denka と 1 億ドルのファンドを設立したと語った。

創業 107 年のデンカは、新設されたコーポレート ベンチャー キャピタル ファンドの唯一のリミテッド パートナーであり、2030 年のミッションに沿って、持続可能性や人口増加など、差し迫った地球規模の問題に取り組むスタートアップへの投資に関心を持っています。

Pegasus Tech は現在、日本、台湾、インドネシア、ヨーロッパ、米国の大規模なグローバル企業とのパートナーシップを通じて、30 以上の戦略的ファンド (CVC ファンド) を管理しています。 これらの企業パートナーは、大部分が工業、化学、製薬などの製造部門に属しており、新興企業に資本を投じて、高度な技術を自社の中核事業に取り入れたいと考えている、と Uzzaman 氏は TechCrunch に語った。

Pegasus Tech は、Denka が再生可能エネルギー、EV バッテリー、チップ、およびヘルステックの初期段階から後期段階のスタートアップをより具体的に検索するのに役立ちます。 Uzzaman 氏によると、小切手のサイズは、初期段階のスタートアップで 50 万ドルから 100 万ドル、後期段階の企業で 200 万ドルから 1000 万ドルになります。

候補者が投資の対象となった後、デンカはペガサスと協力してスタートアップの論文を検証するチームを作る予定です。 それでも、ペガサスは投資に関する最終決定を下すだろうとウザマン氏は語った。 実際、Uzzaman を含むペガサスのパートナー グループと、投資マネージャーの Bill Reichert、Steve Payne、John Lim、Justin Jackson が、このファンドの運営に深く関与すると Uzzaman は付け加えました。

Pegasus は、2011 年の創業以来、企業と新興企業を結び付けて「サービスとしての VC」モデルを活用することに重点を置いており、現在までに 250 以上の新興企業に投資しており、運用資産は 20 億ドルを超えています。

VC会社が協力した他のパートナーには、 セガビデオゲームおよびエンターテインメント会社。 テレビショッピング会社のジャパネット。 日本を拠点とする自動車用スパーク プラグのメーカーである NGK スパーク プラグ。 Asus、台湾に本社を置くコンピューター ハードウェア会社。 アイシン日本を拠点とする自動車会社。 エンタテインメント企業のバンダイナムコ; 心にインドネシアを拠点とする製薬会社。 と シナル・マスインドネシアの財閥。



Source link