国防総省のテクノロジーの民間部門への架け橋


マイケル・ブラウンは、米国防総省の名簿に 100 を超える新しいベンダーを追加したと述べています。

はい、でも: Brown 氏は Axios に対し、ペンタゴンが本当に商用技術を利用したいのであれば、機器の購入方法について構造的な変更を加える必要があると語っています。

重要な理由: ブラウンは 9 月の任期満了に伴い国防総省を去る予定であり、代理店は後任を積極的に探しており、部隊とその取り組みにとって重要な岐路となっています。

すぐに追いつく: 国防イノベーション ユニット (DIU) は、2015 年に国防総省の技術取得プロセスを開くことを目的として、当時の国防長官アッシュ カーターによって作成されました。 .

大きな絵: 国防総省はかつて、インターネット自体を含む重要な新技術の開発で最先端を走っていましたが、今日、ほとんどのイノベーションは、その直接的な影響範囲の外で起こっています。 国防総省が民間部門への新たな架け橋を築くことを目指しているのはそのためです。

  • 10年の終わりまでに、ブラウンは、政府が所有する1機ごとに1000機の商用衛星が存在するだろうと言います。 そして今日、米軍は半導体消費の 1% 未満しか占めていない、と彼は指摘します。
  • 民間企業は、ドローンや AI など、軍が注目している他の新技術の開発も主導しています。
  • 「残念ながら、それは誰もが利用できるので、私たちの敵はその商用技術を利用することになるでしょう」とブラウン氏は語った.

行間: ブラウン氏は、同じ課題に直面し続けたと言います。それは、軍の装備購入プロセスです。 「私たちは今でも、50 年前や 60 年前と同じ方法で物を買っています」と彼は言いました。

  • 1 ドルを使うのに 3 年かかることを彼は発見しました。 2024 年に使われる予定のお金は、今年のために計画する必要があります。 「それはF-35にとってうまくいくかもしれない」とブラウンは言い、それは毎年変わらないと指摘した. 「しかし、私たちが話しているテクノロジー、つまり商業の世界にとって、それは無意味です。」
  • 国防総省は通常、購入時に利用可能な最高のドローンや AI アルゴリズムを要求するのではなく、特定の一連の要件を作成します、と Brown 氏は言います。

軍の予算 も堅すぎると彼は言った。 彼がシリコンバレーでテクノロジー企業、最近ではシマンテックを経営していたときのように、必要に応じてお金を動かすことはできません。

  • 「民間部門では、すべてがグリーンです」とブラウンは言いました。 「国防総省では、お金は常にお金であるとは限りません。お金の「色」と呼ばれる制限があります。物事の移動方法に制限されています。」

ブラウンは称賛の山 国防総省の「素晴らしい」人々については、軍人も民間人もですが、「私たちが彼らに課した制約は許されません」と彼は付け加えます。

賢くあれ: テクノロジー企業が軍隊とビジネスを行う意思があることは必ずしも当然のことではありませんが、Brown 氏によると、それはあまり問題ではなくなったとのことです。

彼によると、今日の新興企業はビジネスを多様化することに満足していることが多く、一方で大企業はペンタゴンの仕事を引き受けるのに消極的ではなくなりました。

  • 米国では、世界中、特に中国から調達するのではなく、国内生産と同盟国に焦点を当てたサプライチェーンの必要性についての認識も高まっています.
  • 「軍は物を爆破する以上のことをしている」と彼は言った。 「軍隊にはさまざまな任務があります。私たちは、軍隊の人々に最高のツールを提供する義務があります。」

次は何ですか: ブラウンは、国防総省が DIU 内で開拓されたアプローチと考え方を採用し、それらを軍全体に拡張することを望んでいると述べました。

  • そのような世界では、防衛革新ユニットさえ必要ないかもしれません. ただし、すぐには期待しないでください。 ブラウン氏は次のように述べています。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *