戦争で傷ついたボスニアでは、テクノロジーの新興企業が大規模な頭脳流出と闘っています


ZenDev の CEO である Senad Šantić は、子どもの頃、ボスニア・ヘルツェゴビナ南部の都市モスタルの路上で遊んだこと、そして戦争が勃発したときにすべてがどのように変化したかを覚えています。 “いつ [the] 爆弾が落ち始め、父は私をベッドの後ろかテーブルの下に隠していました」と、現在 34 歳のシャンティッチは言いました。 世界のその他の地域.

1992 年、イスラム教徒のボスニア人、カトリックのクロアチア人、正統派のセルビア人の 3 つの主要な民族グループの間で紛争が勃発し、サンティッチと彼の家族はスウェーデンに逃げました。 6 年前、彼はボスニアに戻り、ソフトウェア開発会社を立ち上げました。 多くの人が彼の帰還に驚いたと彼は言います — 戦後 20 年経った今でも、ほとんどの若者はまだボスニアを離れていました。

世界経済フォーラムは、調査対象の 137 か国のうち、ボスニアを「才能を保持する能力」で 135 位にランク付けしました。 2021 年の国連人口基金 (UNFPA) の報告によると、18 歳から 29 歳までのボスニア人のほぼ半数が、この 1 年間に国を離れることを検討しました。 移民と出生率の低下がこのまま続くと、人口は 50 年足らずで半減します。

しかし、テクノロジーはボスニアの数少ない経済の明るい分野の 1 つです。 国連開発計画 (UNDP) の報告によると、この業界の雇用は 2012 年から 2019 年にかけて 3 倍になりました。 海外から帰国した多くのボスニア人が業界の最前線にいると、ボスニアの大手テクノロジー企業の貿易グループであるビット・アライアンスのエグゼクティブ・ディレクターであるダミール・マグラジリッチ氏は語った。 世界のその他の地域.

毎年 50,000 人以上がボスニアを離れており、その半数は 29 歳未満です。

サンティッチ氏は、モスタルに戻るという個人的な決断として始まったことが、より大きな目的を持っていると語った。国を捨てる若者の流れを食い止めることだ。 「人々にとどまることを望むのであれば、愛国心や留まるべき理由を若者に売り込むことではありません」とシャンティッチは語った。 世界のその他の地域彼のオフィスのテラスに座っています。 彼の後ろには、赤い屋根の家々が街の丘に点在していました。 「ここボスニア・ヘルツェゴビナでより良い生活条件の場所を作りましょう。」

彼の会社である ZenDev はソフトウェア開発会社であり、ボスニアのテクノロジー業界で、いまだに戦争で傷ついた国を再建することを望んでいる企業の 1 つです。 Maglajlić は、国内のテクノロジー企業の 40% がディアスポラのメンバーによって設立されたと推定しています。 彼らは、国を去る若者の加速する「頭脳流出」を抑制し、ボスニアを何十年も悩ませてきた民族間紛争を乗り越えたいと考えています。

「革命が必要だと思います」とシャンティッチは言いました。 「今のテンポでは、国として生き残れるとは思えない」

Šantić は、大学卒業後 1 年間を過ごしたサンフランシスコで最初に「スタートアップのバグ」に遭遇したと言います。 スウェーデンに戻った後、彼は 2014 年に、教師が生徒の課題を管理するのに役立つモバイル アプリである LoopMe を設立しました。しかし、彼は常にボスニアに戻ることを夢見ていました。

2016年に、彼はついに戻ってきました。 幼なじみの Nikola Mirković と共に、Šantić は ZenDev を共同設立しました。ZenDev は、テクノロジー大手の Emerson、電気通信会社の Ericsson、製造会社の Volvo などの多国籍企業向けのコードを書き始めました。 しかし、彼の本当の目標は、若者により良い雇用機会を提供することだったと彼は言います。

「最初に頭に浮かぶのは、『どうすればドイツに行けるのか』ということではありません。 どうすればスウェーデンに行けますか?」 むしろ、ここボスニアにある、あなたが参加したい企業をいくつか紹介できるはずです」と彼は言いました。

ZenDev で、Šantić はボスニアの民族的区分を超えた文化を育むことを目指しています。 「私たちはあなたの民族性に関しては完全に不可知であるように努めています」と、メリットのみに基づいて採用し、モスタルのボスニアとクロアチアの間にあるオフィスを意図的に選んだシャンティッチは言いました。


クララ・チャリンとジェイソン・マロニー

彼のメッセージは若い人たちの共感を呼んでいるようです。 昨年、同社は初めてインターンシップを提供し、何百人もの人々が応募しました。 ZenDev は語った 世界のその他の地域 年間収益は 2020 年から 2021 年の間に 2 倍以上になり、スタッフは過去 2 年間で約 25 人から 80 人に増加しました。

大学を卒業した後、29歳のTarek Stoperは、良い仕事を得るための最高のチャンスは海外に引っ越すことだと考えました. その後、ZenDev に出会いました。 彼はオフィスの文化と仲間意識が好きだったので、ソフトウェア開発者としての仕事に応募し、そこで 1 年以上働いています。

「Zendev に入っていなかったら、おそらく今、海外で仕事を探していたでしょう」と Stoper 氏は語った。 世界のその他の地域彼は今後何年も会社にとどまりたいと思っていると付け加えた.

ボスニアの人々を長期にわたって維持する仕事は不可欠です。 つまり、ボスニアのテクノロジー企業はアウトソーシングを超えて、適切なボスニア製品を開発する必要があります。 UNDP の調査によると、ボスニアの全テクノロジー企業の約 75% が外国企業にサービスを提供しています。 ZenDev は、検索エンジンの最適化や研究者向けのメモ管理ツールなど、独自のソフトウェア アプリケーションを開発しています。

「この地域で作られ、世界的に認められている製品の例をもっと見せなければなりません」とシャンティッチは言いました。 「そして、私たちがそれを行うと、他の人が続くと思います。」

Edin Saracevic (57 歳) は、1994 年にセルビア人がサラエボを包囲したため、サラエボから逃亡しました。 彼は米国に行き、90 年代後半のドットコム ブームの間にいくつかの成功した技術ベンチャーを立ち上げました。

2013 年にボスニアに戻り、サラエボのダウンタウンにコワーキング スペース Hub387 を設立しました。 彼は、ボスニアの国際電話コードにちなんで会社名を付けました。これは、民族の偏見を避け、国の統一されたビジョンを促進する中立的な選択です。

HUB387 は、ボスニアで最初のコワーキング スペースでした。 世界のその他の地域. 「IT企業は存在し、彼らは自分たちの仕事をしていましたが、地下室や放棄されたアパートなど、本当にくだらない場所で働いていました」と彼女は言いました.

シャンティッチのように、サラセビッチは Hub387 をビジネス以上のものにしたいと考えていました。

「私たちの大きな隠された課題は、人々をボスニアにとどめることでした」とムシッチは付け加えました。 Hub387 は、ワークスペースを提供するだけでなく、技術カンファレンスや「ハッカソン」を主催し、最近では、ボスニア企業が軌道に乗るのを支援するトレーニング セッションを主導しました。

彼らの仕事の不可欠なコンポーネントは、プログラミング コース、ソフトウェア チュートリアル、およびグラフィック デザイン クラスを提供する学習センターである Academy387 です。 Musić 氏は、Academy387 の目的は、テクノロジー企業が必要としているものとボスニアの大学が教えているものとの間のギャップに対処することだと述べました。

ボスニアのスタートアップスタジオ、Ministry of Programming (MOP) の共同設立者である Rešad Začina (36 歳) は、次のように語っています。 世界のその他の地域 国のテクノロジー産業を成長させる鍵は、才能とお金です。 起業家がビジネスアイデアを開発し、会社を設立し、ベンチャーキャピタルを確保するのを支援する彼の会社は、両方を行っています。 MOP は 75 の製品を開発し、世界中で 10 近くの会社を設立しました。

2015 年に発足した MOP は現在、ボスニアで 200 人近くを直接雇用しています。 MOP は、デロイトの中央ヨーロッパで急成長している企業トップ 50 の 1 つとして挙げられました。 外国企業のために働くだけでなく、外国企業にも資金を提供することで、MOP は通常のダイナミクスを逆転させ、Začina が「弱者としてそのテーブルの席」と呼ぶものを彼らに与えます。

「私たちの大きな隠された課題は、人々をボスニアにとどめることでした。」

先月、MOP は豪華なソファ、パーティー用の巨大なテラス、壁にある「Work hard play hard」のネオンサインを備えた新しいオフィスに引っ越しました。 ザチナ氏によると、MOP が達成したことはすべて、公的資金なしで行われたということです。 彼は冗談を言った。

過去には制度的な支援が不足していたにもかかわらず、ボスニアの技術リーダーは、政府の参加が不可欠であることに同意しています。 IT部門は雇用を生み出すことができるが、教育や政治システムに変化がなければ、人々は離れ続けるだろう、とシャンティッチ氏は述べた。

「たとえば、5年、10年後に何も取り組むべきことがないのなら、なぜ私たちはこれをすべてやっているのですか?」 彼は言った。 Šantić のような創設者は、地方自治体と国の政府の両方が、公教育のすべてのレベルでプログラミング トレーニングを取り入れ、スタートアップにより多くの資金を提供する必要があると考えています。

毎日、通勤途中、崩れかけた家々の前を通り過ぎる。 それらは弾丸に覆われ、空洞になっています。

「戦争が勃発したとき、私は5歳だったので、モスタルを知る唯一の方法です」とサンティッチは言いました。 「それ以前の様子は覚えていません。」

市は最近、構造物を安全上の問題があると見なし、新しい建物のためのスペースを作るためにそれらを解体すると彼は言った. ZenDev のトレンディなオフィスは、これらの間もなく取り壊される廃墟の向かいに立っています。

「明らかに、ZenDev で独自のバブルを作成できます」と、ある午後遅くにオフィスを出て、Šantić 氏は言いました。 「しかし、問題が国家レベルにある場合、そしてそれらが国家レベルにある場合、私たちはより大きく考え始める必要があります。」

この記事のレポートは、ニューヨーク大学の GlobalBeat プログラムによって可能になりました。



Source link