若者の飲酒量を増やすコンテストを日本で開始

日本政府は、極東の国の人口動態の変化が原因であるとしている売り上げの減少を逆転させるために、若者にもっと多くのアルコールを飲むように望んでいます.

「サカビバ!」日本の国税庁が開始したこのキャンペーンは、20 歳から 39 歳までの若者に業界の活性化に役立つ新しいアイデアを考えてもらいたいと考えています。

代理店によると、アルコール飲料の売り上げは、少子化、高齢化、コロナウイルスのパンデミックにより減少しています。このプロジェクトが、「若い世代の間で」アルコール飲料を促進するのに役立つ「事業計画」を若者が考え出すことを奨励することを望んでいます.

税務当局はまた、人工知能やメタバースの使用など、人々がアルコールの消費を促進するのに役立つ創造的な方法も提案しています。

しかし、特にパンデミックの直前にソーシャルメディアで「酔ったサラリーマン」という表現があまりにも一般的だったため、日本の国民からの反応は熱狂的ではありませんでした.

一部のツイッターユーザーは、日本の感染率が6月中旬の16,544件から8月16日には231,361件に跳ね上がったとき、日本政府がアルコール消費(通常は社会活動)を奨励していると批判している.

他の人々は、このキャンペーンが不健康な習慣を助長していると批判し、なぜ国内の新聞ではなく外国の新聞から競争について学んでいるのかと尋ねました.

Leave a Reply

Your email address will not be published.