ATU は入学式当日、学生の帰宅を歓迎します


2022 年 ATU 入居日
アーカンソー工科大学の学生、その家族、ATU の入居クルーのボランティア、ATU の教職員は、2022 年の入居日に一緒に働いた人々の中に含まれていました。

アーカンソー工科大学の 3 年生であるマディソン ヘリングさんは、2022 年秋学期の入居日は、2 番目の家に戻ることを意味すると述べました。

8月13日土曜日にATUに戻ってきたホワイトホールの印刷物ジャーナリズム専攻のヘリングは、「戻ってくることができてうれしく、興奮しています。もちろん、少しホームシックになるでしょう。開始。 これを3回目にするのは本当にエキサイティングです。 戻ってきてとてもうれしいです。」

コディアック フォーストは、ATU の新入生として、人生の次のステップを踏み出すのに役立つ大学を見つけたような気がすると語っています。

「私はアーカンソー工科大学と (アーカンソー大学) ファイエットビル校のどちらかを選択しようとしていましたが、アーカンソー工科大学の方が新しく、私のニーズをよりよく満たしてくれると感じました」と、シャーウッドの機械工学専攻の Forst 氏は述べています。 「引っ越して自分の部屋を見たいと思っています。 今日は多くの人にとってストレスになることはわかっていますが、これまでのところ、非常にうまく組織化されており、かなりストレスがないように見えます。」

Forst と彼の仲間の新入生は、8 月 16 日火曜日まで TechConnect オリ​​エンテーションに参加します。

8 月 15 日月曜日の午後 6 時から 8 時まで、ラッセルビルの West L Street と North El Paso Avenue の角で開催される ATU Involvement Fair を含む多くのウェルカム ウィーク イベントは、すべてのアーカンソー工科大学の学生に開かれています。

8 月 17 日水曜日のクラスの初日までに行われるすべての活動により、Forst は今年の最優先事項の 1 つに有利なスタートを切ることができます。

「新しい友達ができることをとても楽しみにしています」と Forst は言いました。 「同じような興味を持つ人たちと出会い、つながりを作るのは楽しいことです。」

Herring さんの大きな夢は、大都市に引っ越して雑誌に寄稿することだと語った。 その間、彼女は ATU での 2022 ~ 23 学年度を最大限に活用することに集中しています。

「私は卒業の先に目を向け始めており、学位を取得して何をしたいのかを考え始めています」と Herring 氏は言います。 「私は自分の専攻の中で、より多くのコア クラスに参加する予定です。 また、女子学生クラブのデルタ・ゼータとの機会もたくさんあるので、それに参加できることを楽しみにしています。」

ATU ウェルカム ウィーク 2022 の詳細については、www.arkansastechnews.com/welcome-week-2022-activities-for-atu-students をご覧ください。

新入生オリエンテーションの詳細については、www.atu.edu/orientation/docs/2022%20TECHConnect%20Orientation%20Schedule.pdf をご覧ください。

転校オリエンテーションの詳細については、www.atu.edu/orientation/docs/2022%20Transfer%20Orientation%20Schedule.pdf をご覧ください。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.