EUは、2023年第1四半期の終わりまでに通信ネットワークへのビッグテックの貢献について協議する


Facebook、Amazon、Netflix、Google のロゴは、ロイターのファイルからのこの組み合わせの写真に見られます。/ファイルの写真

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

[パリ 9日 ロイター] – 欧州連合(EU)の執行機関であるティエリー・ブルトン(Thierry Breton)氏は、2023年第1四半期の終わりまでに、ハイテク大手が欧州の通信ネットワークのコストの一部を負担すべきかどうかについて協議を開始すると述べた。

欧州の通信事業者は長い間、アルファベット傘下のグーグル(GOOGL.O)、メタ傘下のフェイスブック、ネットフリックス(NFLX.O)などの米国ハイテク企業がインターネットトラフィックの大部分を利用していると主張して、資金援助を求めてロビー活動を行ってきた。

ブルトン氏は記者団に対し、「規制が帯域幅と通信事業者を使用する『GAFA』(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンなど)に適応しているかどうかも検討する必要がある」と語った。

GAFA は、Netflix を含む米国最大のテクノロジー企業を示すフランス語の頭字語です。

ブレトン氏は、この特定の問題、またはヨーロッパの通信およびインターネットインフラストラクチャの資金調達における米国のテクノロジー企業のいわゆる潜在的な「公正なシェア」は、より広範な協議の一部になると述べた.

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

Mathieu Rosemain によるレポート、GV De Clercq および Tomasz Janowski による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *