GoToの社長は、インドネシア経済がテクノロジー株の暴落を助長したと考えている


今年初めにインドネシアの証券取引所にデビューするために途切れ途切れの IPO 市場に勇敢に立ち向かったインドネシアの電子商取引のジャガーノートである GoTo Group は、海外で 2 番目の上場を開始する前に様子を見る予定であると述べています。

「市場の状況とボラティリティを考えると、市場以外での二次上場を検討する前に、より安定した支持的な市場を待っていると思います。 [Indonesia Stock Exchange]火曜日にタイのバンコクでファーウェイ・テクノロジーズが主催したSpark Founders Summitで、GoToのグループ社長であるPatrick Cao氏は次のように述べています。

GoTo は 4 月 11 日にジャカルタの株式市場に上場し、11 億ドルを調達しました。 株式は初日に 13% 以上上昇し、同社の時価総額は約 300 億ドルに相当します。 同社は、取引開始に先立って、60万人のドライバーに数千株を譲渡しました。 目論見書では、インドネシアのスタートアップ企業は、2023 年末までに海外株式市場への二次上場も開始すると述べており、ニューヨーク証券取引所、NASDAQ、香港証券取引所などのオプションに言及しています。

GoTo の株価はデビュー以来苦戦しており、4 月以来約 30.3% 下落しています。 それでも同社は、東南アジアの主要なライバル2社よりもうまくテクノロジーの敗走に対処している。

シンガポールを拠点とする配車企業 Grab の株式は、12 月に NASDAQ に上場して 45 億ドルを調達し、同社の評価額は 370 億ドルでしたが、2022 年初頭から 62.6% 下落しています。電子商取引やデジタル決済に拡大し、ニューヨーク証券取引所での取引は、同期間に75.4%急落しました. SEA の現在の時価総額は約 250 億ドルで、東南アジアで最も価値のある企業であり続けています。これに対し、GoTo は約 200 億ドル、Grab は 100 億ドルです。

GoTo は、2021 年 5 月に配車会社の GoJek と e コマース プラットフォームの Tokopedia が合併した製品です。 合併前に Tokopedia の社長だった Cao は、新しく形成された GoTo の社長になり、GoJek の創設者である Andre Soelistyo が CEO になりました。

「景気は上向き」

Cao 氏は、世界経済の不確実性の中で、GoTo の回復力の市場としてのインドネシアの強みを指摘しました。 「コモディティ価格が好調なだけでなく、バ​​ッテリーなどのよりハイテクな分野をサポートするために政府がより下流に向かう動きは、実際に多くの価値を生み出しました」と Cao 氏は述べています。

インドネシアは、電気自動車のバッテリーに不可欠な金属であるニッケルの埋蔵量が世界最大です。 インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、国内のニッケル加工と電気自動車製造への投資を奨励するため、未加工のニッケルの輸出を禁止した。 Widodo は米国への公式訪問中に回り道をして、Elon Musk に直接働きかけて、Tesla にインドネシアへの投資を増やすよう働きかけました。

曹操は、政府の努力が「GDP成長と消費成長という点で、インドネシア国内に素晴らしい好循環を生み出した」と述べた。 アジア開発銀行は 9 月、インドネシアの 2022 年の GDP 成長率予測を 5.0% から 5.4% に引き上げました。 銀行は、アジア全体で年間 4.3% の GDP 成長を予測しています。

GoTo の社長はまた、インドネシアの株式市場の強さを指摘しました。ジャカルタ総合指数は年間で 7.8% 上昇しており、グローバルではないにしても数少ないアジアの 1 つになっています。2022 年の株式市場はプラスの領域にあります。

2 億 7,400 万人の人口を抱えるインドネシアは、東南アジアの人口のほぼ半分を占め、この地域の GDP のほぼ 60% を生み出しています。 GoTo は収益の 95% 以上をインドネシアに依存しています。

そして曹操は、インドネシア経済にはさらなる成長の余地が十分にあると主張した。 彼は、インドネシア経済はかつて首都ジャカルタを擁するジャワ島を中心としていたが、成長は現在インドネシアの多くの島々に広がっていると指摘した. ツァオ氏は、全国で「経済は活況を呈している」と述べた。 「それは、国全体が非常に健全な方法で成長していることを意味します。」

Cao氏は、特に金融サービスにおいて、GoToが埋めることができる国の経済にはまだギャップがあると述べた. 彼は、インドネシアの人口の「約 48%」が銀行口座を持たず、インドネシアの消費者の約 6% だけがクレジット カードを持っていると見積もっています。 「やらなければならないことがたくさんあります」と曹操は言いました。

もっと広く言えば、東南アジアはスマートフォンの使用率が高いが、電子商取引とデジタル金融の普及率が低く、スタートアップを立ち上げようとしている人にとって良い市場である、と Cao は主張した。

「非常に多くの機会があります」と彼は言いました。

にサインアップ フォーチュンの特徴 メーリング リストに登録して、最大の機能、独占インタビュー、調査を見逃さないようにしてください。



Source link