Greater Lawrence Tech は卒業生の帰還を歓迎します。 ヴェレス少佐、退役軍人のセレモニー


司令官。 退役軍人の式典で、グレーター・ローレンス工科大学の学生の話を聞くフランクリン・ベレス少佐。 (礼儀の写真。)

グレーター ローレンス テクニカル スクールは最近、帰国した卒業生である軍曹を称え、表彰しました。 フランクリン・ベレス少佐、軍曹。 コンチネンタル カラー ガード、第 3 歩兵連隊のエドゥアルド オルティス。

教育長のジョン・ラヴォイと校長のスーザン・ジーリンスキーは、退役軍人の日の行事で、1988 年にグレーター・ローレンス工科大学を卒業したベレスを呼び戻し、米陸軍バンドのメンバーを歓迎したと語った。米国歩兵連隊。 ゲストは、消防車を使用してアメリカ国旗を掲げたアンドーバー消防署とローレンス消防署によって学校で迎えられました。

米陸軍楽隊が国歌を演奏して式典を開始し、グレーター ローレンス テックのシニア ザビエル ティラードが忠誠の誓いを歌いました。 ローレンス高校のジュニア ROTC プログラムの生徒たちは、米国陸軍 (Ret) のスティーブン F. ハウ中佐が率いる旗を提示しました。

校内見学会や、料理教室の学生が用意した飲食物を図書室で提供するレセプションが行われました。

レセプションに続いて、舞台芸術センターでセレモニーが開催され、ベレスとオルティスは陸軍での経験と参加した理由についてジュニアと話しました。

開会の辞は、Zielinski と米国空軍退役軍人である数学インストラクターの Jacob Elwell によって行われ、世界中の退役軍人の努力と彼らが私たちの国のために払った犠牲を称賛しました。

1988 年に卒業した後、ベレスは歩兵として 1990 年に米軍に参加しました。 ローレンス出身の彼は、キャリアの中で 13 を超える役職を歴任し、その役割ですぐに優れた成績を収め、最終的には入隊した兵士が獲得できる最も上級のランクの 1 つに到達しました。

ベレスは生徒たちと話し、彼のキャリアについての質問に答え、続いて彼が空挺部隊の翼を手に入れたときのことを生徒たちに話しました. 彼は飛行機からの最初と 2 番目のジャンプについて気楽な話をしました。

初めてジャンプしたとき、彼と彼のクラスはまだ飛行機から飛び降りることがどのようなものか知らなかったので、緊張していなかったと彼は説明しました。 しかし、ベレスは軍に入隊したとき、飛行機から飛び降りることだけを望んでいたと言い、そうすることで空挺部隊の翼を手に入れました。

彼は配備され、砂漠の嵐やイラクの自由作戦など、数多くの任務に参加しました。 現在、彼は合同タスクフォース – 首都地域およびワシントンの米陸軍軍管区の上級下士官です。 この役割は、国の指導者に代わって、地域および世界の公共イベント、国家安全保障および特別イベントの運営、儀式、および音楽のサポートを提供します。

オルティスはメキシコで育ち、17 歳のときに米国に移住しました。米国に到着したとき、彼は英語を話せませんでしたが、陸軍に入りたいと考えました。 彼は高校を卒業した後、採用事務所に行き、サインアップしました。 彼はソーシャルメディアを使って陸軍について学び、英語の基本的な部分を独学しました. オルティスは後に米陸軍カラーガードに加わり、無名戦士の墓でさえ、国中に旗を掲げました。彼は、自分の国で最も誇りを感じたと言いました.



Source link