TechPoint は 41,000 人の技術者を追加したいと考えています – Inside INdiana Business


Dennis Trinkle は、TechPoint のタレント パスウェイおよびプログラム担当副社長です。

TechPoint の才能パスウェイおよびプログラムの副社長は、州の成長するテクノロジ エコシステムのために労働者を引き付けて維持するインディアナ州の能力について率直な評価を行っています。 「私たちが持っているシステムは壊れています」と、1月に組織に加わったデニス・トリンクルは言いました. 「組織は、必要な人材をすべて獲得することはできません。」 このニーズに応えて、非営利団体は 1 日限りのキックオフ イベント、Launch Mission41K を発表しました。

インディアナ州の技術エコシステムに対する州の成長イニシアチブは、2030 年までに技術労働力を 41,000 人増加させるというイニシアチブを作成しました。

Inside INdiana Business とのインタビューで、Trinkle 氏は、この動きは、活気に満ちた技術ハブとしてのインディアナ州の全国的な評判を固める試みであると述べました。

「私たちは運動を始めようとしており、雇用主、コミュニティ組織、政府組織、実際にはすべての関係者を集めて、労働力、そして私たちの場合は技術労働力を成長させているインディアナ州の最も重要な課題に取り組んでいます。 、それが 2030 年までに労働力を牽引しました」と Trinkle 氏は説明します。

聞く: Trinkle 氏はさらに、インディアナ州では、フージャー州でビジネスを行う可能性のあるハイテク企業に十分な労働力を提供する必要性が高まっていると説明しています。

184,000 人以上の Hoosiers がテクノロジーおよびテクノロジー関連の役割で働いていますが、Trinkle 氏によると、それだけでは高まる需要を満たすには不十分です。

「私たちは、この問題に取り組むために協力するよう全員に呼びかけます。 そして、雇用主が必要な才能を獲得し、必要な才能を開発できるようにするために使用できる戦略を保持します」とTrinkle氏は述べています.

9 月下旬に予定されているキックオフ イベントには、約 250 の Hoosier 企業、州政府機関、およびその他の利害関係者が集まり、技術労働者の不足に対処するための戦略を検討します。 TechPoint によると、インディアナ州の技術労働力は過去 10 年間で 16.3% 増加しており、他のセクターよりも 60% 速い成長率です。

「私たちは才能がそこにあると考えています。 人材が能力を高め、スキルを向上させ、労働力に入る方法を提供する機会を提供する必要があります」と Trinkle 氏は述べています。

TechPoint は、インディアナ州の技術労働力の拡大は、年配の労働者が退職するにつれて、労働力に加わる人が少なくなることによって困難になっていると述べています。 しかし、別の問題は競争です。東海岸または西海岸に沿ったテクノロジー中心のハブだけでなく、隣接する州でもそうです。

インディアナ州の近隣諸国は、電気自動車のバッテリー工場や半導体メーカーなど、数十億ドル規模の投資プロジェクトを積極的に進めています。

「これらのサイト選挙グループが研究や製造ラボを配置したい場所を探しているときはいつでも、彼らが最初に掘り下げるのは人材パイプラインです」と Trinkle 氏は言います。 「私たちがやろうとしているのは、インディアナ州のパイプラインを国内で最も堅牢なものにすることです。組織がインディアナ州、オハイオ州、オクラホマ州に目を向けているとき、彼らはインディアナ州に来ます。企業を推進する才能を持っています。」

Launch Mission41K イベントは、インディアナ州立博物館で 9 月 27 日に予定されています。 このイベントには、Mission41K、スキルベースの雇用、見習いの機会について参加者を教育することに焦点を当てたさまざまな分科会が含まれます。

「リリー、カミンズ、 [and] Allegion は、イノベーションと成長を促進するために必要な労働力を確保できるように、革新的に才能を引き付け、才能を開発し、そして最も重要なこととして、機会の道を開くために彼らが現在行っていることについて話しています」と Trinkle 氏は述べています。 .



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.