Two Sigma と Soros を含むヘッジファンドがテクノロジーの復活に向けて位置付けられている


[ニューヨーク 15日 ロイター] – 2つのシグマ・インベストメンツ、ハドソン・ベイ・キャピタル・マネジメント、ソロス・ファンド・マネジメントは、前四半期にメガキャップのテクノロジー企業への出資を追加した著名なヘッジファンドの1つであり、最近の投資から利益を得る可能性がある位置付けにある。成長株の復活。

例えばツーシグマ・インベストメンツは、フェイスブックの親会社であるメタ・プラットフォームズ(META.O)に、6月末時点で150万株強のポジションを新たに追加した。

ハドソン・ベイ・キャピタルは6月末にアップル(AAPL.O)に466万株、6億3800万ドル相当の新たなポジションを追加し、ソロス・ファンド・マネジメントはテスラ(TSLA.O)に3万株近くの新たなポジションを追加した。出願時点で2010万ドル。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

Meta Platform の株価は今四半期までに 12.1% 上昇しており、Apple は 26.6% 上昇し、Tesla の株価は 37.8% 上昇しています。

13-fs として知られる四半期報告書は、ヘッジファンドがロング ポジションを開示する必要がある数少ない方法の 1 つですが、現在の保有状況を反映していない可能性があります。

一部の投資家は、連邦準備制度理事会(FRB)が 40 年間で最悪のインフレを抑えるための戦いにおいて、以前に予想されていたよりもタカ派的ではないだろうと推測しているため、今年の上半期の残忍な暴落の後、ここ数週間でテクノロジー株と成長株が悲​​鳴を上げています。

ラッセル 1000 グロース インデックス (.RLG) は、ラッセル 1000 バリュー インデックス (.RLV) が 10.5% 上昇したのに対し、今四半期は 17.6% 上昇しました。

ハイテク株のナスダックは19%上昇。

メガキャップのテクノロジー企業に加えて、ファンドは小規模な成長企業やテクノロジー企業にも新しいポジションを追加しました。

たとえば、ソロスは、四半期の終わりに610万ドル相当のウーバー・テクノロジーズ(UBER.N)の30万株を追加し、ツー・シグマは約1億4000万ドル相当のスナップ(SNAP.N)の1060万株を購入した。 6月末。

Snap の株価は現在の四半期で 6.7% 下落していますが、Uber の株価は同じ期間で 59% 近く上昇しています。

Reuters.com に無料で無制限にアクセスするには、今すぐ登録してください

デビッド・ランドールによる報告マルゲリータ・チョイによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.