Witkowski はリヴィーニョでワールド カップの週末を完了する




ノルディックフォーカス


ノルディックフォーカス

リヴィーニョ、イタリア – 先週末、ミシガン工科大学のシニア ノルディック スキーヤーである Adam Witkowski が、米国代表として初めてのワールド カップに出場し、イタリアのリヴィーニョで開催されました。

ニューヨーク州ビクター出身の彼は、土曜日にスケート スプリントに出場し、ローガン ディークマンとペアを組んで、日曜日のチーム スプリントの米国 II チームを結成しました。

土曜日のスケート スプリントで、Witkowski は 2:32.53 のタイムで 55 人のスキーヤーのフィールドの中で 42 位になりました。

「世界最高の選手たちとスキーをするのは素晴らしい経験だった。今週末から得ることができる多くのポジティブなものがあり、最大のものは、世界最高の選手たちと一緒にいることができるということだ」とウィトコウスキーは語った. 「今週末は2つの良いレースができたことをとても誇りに思っていますが、毎日いくつかのミスを犯したため、数秒を失い、最終的に土曜日の予選に出場するチャンスがありました。」

ヘッドコーチのトム・モナハン・スミスは、ウィトコウスキーがワールドカップに出場することに興奮を表明した.

「最初のワールドカップの週末から、アダムには非常に多くの肯定的な持ち帰りがありますが、最も際立っているのは、彼が「私は間違いなくこれらの人とスキーをすることができます!」と言うのを聞いたことです。アダムは本気で言ったのでなければ言わないだろうし、彼には世界最高の選手たちと一緒にスキーをする能力があると信じている」とモナハン・スミスは語った。

「Adam は個人スプリントで 42 位に入賞し、ワールド カップ ポイントを獲得しました。トップ 30 のヒートまであと 1 秒強でした。彼の最初のワールド カップ レースで素晴らしい結果を残しました。」

日曜日、Witkowski は Logan Diekmann とチームを組み、United States II チームとして競い合いました。 全体として、デュオは全体で17位になり、フィールドのIIチームに対して7位になりました。

「この機会と、家族、コーチ、友人から受けたサポートに感謝しています。ヨーロッパに戻って、すぐにすべてをやり直すのが待ちきれません」とウィトコウスキーは付け加えました。

Monahan Smith は、Witkowski の復帰と、彼の経験をチームの他のメンバーと共有する機会に興奮していることを示しました。

「彼が一生懸命取り組んできたこのワールドカップレースの経験を彼が持つことができて、私たちはこれ以上に幸せなことはありません.アダムが私たちのスポーツの最も競争力のあるステージで競争するこの機会をつかんだことを本当に誇りに思っています.

彼を家に迎え、ワールドカップの経験をノルディック・ハスキーズと共有できることを楽しみにしています」とモナハン・スミスは付け加えました.

Witkowski は、チームがコンペティション シーズンの後半に入り、今回は 2 月 4 ~ 5 日の GANC CCSA 招待のためにミネソタ州ダルースに戻るときに、残りのテック ノルディック スキーヤーに加わります。



Source link